調理師に向いている人・適性・必要なスキル

調理師に向いている性格・適性

調理師に必要なこと

一般的に調理師は体力勝負でかなりハードな仕事です。

店によっては朝早くから夜遅くまで休みなく働く必要があり、重い食材や調理器具を持つこともあるため、体力があることが第一条件になります。

また、どんなときでも忍耐強くがんばらなければなりません。

とくに最近は忍耐がなく修行の途中で挫折する人が増えているといわれています。

調理師としてやっていくには、入って数年間の下積み期間をぐっと耐えて乗り切る忍耐力が必要となります。

一人前の料理人になるという強い意思が大切です。

店によっては必ずしも先輩が丁寧に教えてくれるとは限りません。

料理を作ることが好なだけでなく、向上心と探究心を持ち、常に学ぶ姿勢がなければスキルアップは難しいといえます。

しかし、何よりも必要なのは「料理をすることが好き」「自分の作った料理を誰かに食べてほしい」という気持ちです。

この2つの気持ちがあれば、それを支えにつらい時期を乗り越えることができるでしょう。

調理師の最低条件は?

調理師に向いているのは、基本を疎かにしないきっちりとした性格と確かな味覚の持ち主です。

料理人としてやっていく上で、この2つは最低条件。

ここが曖昧では料理人として独り立ちしたときに非常に苦労することになります。

また、これ以外にも勉強熱心であること、センスが良いことなども料理人としてやっていく上で大きな武器になります。

美味しい料理を作りたい、お客を喜ばせたいという気持ちを持ち、創造力を豊かにし、仕事をすることが大事です。

調理師はどんな人が向いているか

調理師の世界は縦社会です。

先輩が言ったことには不満があっても従わなければなりません。

とくに新米の頃は仕事内容、先輩の要求ともにかなりハードです。

しかも、それをこなさなければ上には上がれません。

向いているのは、多少理不尽なことがあっても粘り強くがんばれる人、夢を持ち続けられる人。

また、体育会系の部活経験のある人も、縦社会の気質になじみやすく向いています。

調理師になるには・調理師免許とは?

調理師に必要なスキル・能力

調理に関する基本的な知識と技術

調理師の仕事内容は、調理をすることです。

調理のプロフェッショナルであるからには、調理に関する基本的な知識と技術を身につけている必要があります。

食材の扱い方や栄養に関する知識や下処理の方法、基本的な調理方法や調理器具の使い方などをきちんと理解しているからこそ、おいしい料理を提供できるのです。

調理師学校を卒業しても、調理師として働き始めてから数年は雑用ばかりで調理させてもらえず、せっかく身につけたスキルを忘れてしまうこともあります。

どんな料理でも基礎は重要です。

基本的なことだからといって手を抜かず、日々の勉強に励む必要があります。

手先の器用さ・丁寧さ

日本料理やフランス料理、格式あるレストランやホテルでは、料理のおいしさだけでなく見た目の美しさも求められます。

食材の切り方や盛り付け方、味付けが非常に繊細になることも多いので、器用な手先の持ち主である必要があるでしょう。

一品一品に手を抜かず、丁寧に調理するスキルを備えることも大切です。

コミュニケーション能力

調理師に必要とされるのは調理技術だけではありません。

調理の現場では基本的に複数のスタッフと業務を分担しておこないます。

仕込み担当や焼き物を作る人、揚げ物を担当する人など役割によって分かれているため、コース料理などの場合はコミュニケーションを取りながら業務をこなす必要があります。

また、料理長や先輩が新人の調理師を教えながら育てていく現場が多く、厳しい言葉や態度で指導されることもあります。

上下関係の対人スキルがあればよりスムーズに仕事ができるでしょう。

調理師に向いていないのはどんな人?

探究心がない人

調理師としてスキルアップしてくには探究心が欠かせません。

活躍している調理師のほとんどは、いくら腕があると評価されていても、もっと上を目指したいという考えを持っています。

常に新しい食材や調理方法、盛り付け方を模索しながらよりおいしい料理を提供できるよう研究したり、自分の店を開いた後も新しい技術や集客方法を学ぼうと努力したりします。

探究心や向上心がなく現状で満足してしまうのであれば、調理の世界で生き残っていくのは難しいといえるでしょう。

労働環境や待遇にこだわりのある人

調理師は一般的に勤務時間が長く、労働に見合った給与が得られないといわれています。

とくに下積み期間の修行中は早朝から深夜までの勤務になることも多く、収入も一人で生活するのにやっとという程度でしょう。

調理師学校を卒業しても数年間は雑用や食材の下処理、仕込みを任せられるばかりで、実際の調理ができないことも珍しくありません。

労働環境や仕事内容、待遇などにこだわりを持っている場合、調理師の仕事には大きなストレスを感じるかもしれません。