美容師の給料・年収

美容師の平均年収と待遇

厚生労働省の調べによると平成25年の平均年収は280万円。一般企業の平均年収が400万円ほどといわれていますので、美容師の収入は決して恵まれているとはいえません。

また、福利厚生の制度がまだ整っていない美容室も数多くあります。有給も消化できず、公休さえも撮影や講習で休めないこともあるのが現状です。

初任給・ランク別給与

平均が低いとはいえ、ずっと年収が低いわけではありません。経験と人気や職位により給与は変動していきます。

アシスタント

アシスタント時代では、青山や表参道などの有名店では、初任給の手取りが10万円前後であることも珍しくありません。逆に地方の美容室においての新卒生などは、初任給が手取りで17万円前後など比較的高い傾向にあります。

スタイリスト

スタイリストになると、基本給が20万円前後になり、さらに月の売上げに対してのインセンティブがつきます。

多くのスタイリストが自分の年齢と同額の給料を目指してがんばっていますが、ボーナスが別途支給される美容室はごく稀なので月給だけを頼りに生活することになります。

トップスタイリスト/ディレクター

スタイリストの中でも月間の売上げが300万円など、売れっ子と呼ばれるトップスタイリストになると年収も1000万を超える人もいます。ただしごく一部の例であり、おおよそ通常のスタイリストでは800万円前後が最大年収と考えていた方が良さそうです。

経営者

美容室の経営をしているオーナーは、通常のスタイリストよりも高い傾向にあります。他店舗展開しているオーナーは、年収が2000万円以上という方も店舗展開しているオーナーの中で一割程いると言われています。

美容師の生涯収入

初任給や平均年収、福利厚生制度を文面だけで見てしまうと、どうして良い待遇とは言いにくいですが、比較的独立が早く出来ることや、やり方次第では若い段階で高収入が見込める職業です。独立まで考えるのであれば、生涯収入は悪くないかもしれません。

ただ雇われている時の収入がどうしても気になる方や、労働力に対して早めの評価が欲しい方は、続けること自体が大変難しくなるので、慎重に考える必要があるでしょう。

美容師・理容師の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、美容師および理容師の平均年収は30.2歳で約285万円となっています。

・平均年齢:30.2歳
・勤続年数:6.7年
・労働時間:174時間/月
・超過労働:8時間/月
・月額給与:232,800円
・年間賞与:61,500円
・平均年収:2,855,100円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年美容師・理容師の年収(規模別)

美容師と理容師を合算したデータとなりますが、1,000人以上の規模の事業所に勤務している美容師・理容師は、若干年収が高くなる傾向にあるようです。

平成27年度のデータでは10〜99人規模に勤める美容師・理容師の平均年収は287万円、100〜999人規模は281万円、1000人以上規模は288万円、10人以上規模平均286万円となっています。

理容師・美容師の年収(規模別)_27

平成27年度 美容師・理容師の年収(年齢別・男女別)

美容師の年齢別の年収は、こちらも理容師と合算した数字ではありますが、男女ともにあまり年収の上昇が見られません。

平均年収は男性308万円、女性271万円と厳しい数字となっています。
理容師・美容師の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

仕事体験談