美容師の給料、年収

美容師の平均年収と待遇

美容師の年収は、その年によっても異なりますが、理容師と合算したデータでは285万円程度とされています。

一般企業の平均年収が400万円ほどといわれていることを踏まえると、美容師の収入は決して恵まれているとはいえません。

また、ひとくちに美容室といっても大手企業が運営する店舗から個人経営の店舗までさまざまであり、なかには福利厚生の制度が整っていない美容室もあります。

したがって、勤務先によって給料に差が出やすく、待遇面でもだいぶ異なってくるのが実情です。

初任給・ランク別給与

美容師の平均年収が低めの職業とはいえ、ずっと年収が低いわけではありません。この仕事は実力主義の要素が色濃く、経験と人気や職位により給与は変動していきます。

アシスタント

アシスタント時代は、美容師のなかでも最も給料が低くなります。

東京、とくに青山や表参道などの一等地にある有名店では、初任給の手取りが10万円前後であることも珍しくありません。

逆に、地方の美容室で新卒として採用された場合には、初任給が手取りで17万円前後など比較的高い傾向にあるようです。

スタイリスト

スタイリストになると、基本給は20万円前後にまで上がることが多いです。

さらに、個人の月の売上に対してのインセンティブがつきます。

多くのスタイリストが自分の年齢と同額の給料を目指してがんばっていますが、ボーナスが別途支給される美容室はごくまれであり、月給だけを頼りに生活することになります。

トップスタイリスト/ディレクター

スタイリストのなかでも、月間の売上げが300万円など「売れっ子」と呼ばれるトップスタイリストになると、年収が1000万を超える人もいます。

ただし、それはごく一部の例であり、通常のスタイリストでは800万円前後が最大年収と考えていたほうがよさそうです。

経営者

美容室の経営をしているオーナーの年収は、通常のスタイリストよりも高い傾向にあります。

とくに他店舗展開しているオーナーは、年収が2000万円以上になることもあるといわれ、こうした人は店舗展開しているオーナーのなかで一割程度いるといわれています。

美容師の生涯収入

美容師の初任給や平均年収、福利厚生について文面だけで見てしまうと、どうしてネガティブな印象を抱いてしまいがちですが、この仕事は比較的独立が早くできることや、やり方次第では若い段階で高収入が見込めます。

独立まで考えるのであれば、生涯収入は悪くないかもしれません。

ただ、雇われているときの収入がどうしても気になる人や、労働力に対して早めの評価がほしい人は、仕事を続けること自体が難しくなってしまうかもしれません。

美容師・理容師の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、美容師および理容師の平均年収は30.2歳で約285万円となっています。

・平均年齢:30.2歳
・勤続年数:6.7年
・労働時間:174時間/月
・超過労働:8時間/月
・月額給与:232,800円
・年間賞与:61,500円
・平均年収:2,855,100円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年美容師・理容師の年収(規模別)

美容師と理容師を合算したデータとなりますが、1,000人以上の規模の事業所に勤務している美容師・理容師は、若干年収が高くなる傾向にあるようです。

平成27年度のデータでは10~99人規模に勤める美容師・理容師の平均年収は287万円、100~999人規模は281万円、1000人以上規模は288万円、10人以上規模平均286万円となっています。

理容師・美容師の年収(規模別)_27

平成27年度 美容師・理容師の年収(年齢別・男女別)

美容師の年齢別の年収は、こちらも理容師と合算した数字ではありますが、男女ともにあまり年収の上昇が見られません。

平均年収は男性308万円、女性271万円と厳しい数字となっています。
理容師・美容師の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

仕事体験談