プロ野球選手の給料・年収

プロ野球選手の給料の仕組み

プロ野球選手の給料の仕組みは「年俸制」という言葉で表されます。毎年ペナントレースが終わった11月ごろになると「契約更改」が行われ、来年の契約を結ぶとともに年俸が決まります。

球団からの年俸額はおもにその年の活躍によって提示されるので、勝ちに貢献した場合は大きく跳ね上がったり、逆に故障をしてまったく一軍の試合に出られなかった場合は、下がることもあります。

ちなみに、ドラフトで指名された新人選手の年俸は1,500万円の上限があります。

インセンティブ契約

年俸とは別に、ボーナスが支払われる契約のことを「インセンティブ契約」と言います。成績や出場機会など、その対象となりうるものは球団や選手によって異なりますが、場合によっては年俸よりも多いインセンティブがもらえることもあります。

選手にとってはモチベーションアップになりますが、その反面「逆インセンティブ契約」といって、ノルマを達成しなかった場合には減俸するといった厳しい契約を導入している球団もあるようです。

球団の経営状況も影響する

球団は、試合の入場料(チケット代)やテレビの放映権料、グッズ販売などによって、利益を得ています。そのため、ファンが多い球団と少ない球団では、球団の収益も随分と異なります。

読売ジャイアンツや阪神タイガースは古くから全国的にファンが多く黒字を続けていますが、昔に比べて野球離れが進んでいる現在、ほとんどの球団が赤字で経営難に陥っています。

球団は収益から選手の年俸を支払うので、経営が悪化すれば選手の年俸にも少なからず影響が出ると考えられます。