診療放射線技師への転職・社会人からなるには?

診療放射線技師への転職状況は?

診療放射線技師は、国家資格を取得すればだれでもなることができる職業です。

そのため、転職で診療放射線技師を目指す人も多く、特に医療系の仕事に就いている人が診療放射線技師に興味を持ったり、スキルアップ・キャリアチェンジを考えて転職したりする人が多いようです。

逆に、まったくの未経験から転職をする人は少ないようです。

診療放射線技師への転職の志望動機で多いものは?

ほかの医療職と比べると、診療放射線技師は、正社員から契約・パートまでさまざまな雇用形態があり、ライフスタイルに合わせてさまざまな働き方ができるということがあげられます。

また、夜勤や残業などが比較的少なく、医師看護師などと比べると女性でも働きやすい職業というイメージが根強いため、家庭と両立したいと診療放射線技師を目指す女性も多いようです。

診療放射線技師は資格を取得すれば長年働くことができること、近年需要が高く求人数も多いことなどがあげられます。

診療放射線技師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から診療放射線技師になるには

診療放射線技師になるには、大学または専門学校を卒業して試験に合格し、国家資格を取得しなくてはなりません。

大学は4年間、専門学校は3年が基本ですが、社会人向けの夜間課程では4年制のケースもあります。

専門学校の場合、大学よりも早く受験ができるため、現場ですぐに働きたい人には専門学校がおすすめです。

また社会人から診療放射線技師を目指す人や、既に医療機関でアルバイトなどをして働いている人のために受講しやすいカリキュラムが組まれているところもあり、働きながら診療放射線技師を目指す人にも通いやすくなっています。

診療放射線技師への転職に必要な資格・有利な資格

診療放射線技師の国家資格は必須ですが、そのほかに「放射線取扱主任者(1級・2級)」の国家資格を所持していると、さらに就職はしやすいでしょう。

放射線取扱主任者、特に1級の国家資格は平均合格率20%前後の難関資格であり、放射線を安全に取り扱う責任者として大きな強みとなり、より就職先の幅も広がるでしょう。

また中級以上の英語(読解、記述、会話)力があれば、画像診断機器の輸入・販売メーカーでの開発や営業販売業務に就くこともできます。

診療放射線技師への転職に役立つ職務経験は?

診療放射線技師を目指す上で役立つのは接客スキルです。

もちろん医療機関で働き既に患者さんと触れあう経験がある場合はもちろん有利ですが、それ以外にもさまざま人と触れ合い接客の力を身に付けてきたことは、実際の現場でも必ず役に立つことでしょう。

また、医療現場はチームで働くことが多いため、チームで仕事をした経験やチームで何かを成し遂げたことがあれば自己PRにつながります。

診療放射線技師への転職面接で気をつけるべきことは?

転職に限らず「なぜ診療放射線技師なのか」という点は必ず問われるため、自分なりの答えをしっかりと用意しておきましょう。

また、まったくの未経験からの転職の場合は医療現場や医療職に関わる質問も多くされることを想定しておきましょう。

診療放射線技師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

診療放射線技師は、国家資格を取得すればだれでも働くことができますが、実際の現場で採用されるとなるとどうしても若い人が有利となります。

スキルを身に付けたりキャリアを重ねていく点を考えると、30代前半が一つの目安のようです。

ただし、医療職として働いた人がキャリアアップ・キャリアチェンジで転職をする場合はこの限りではないようです。

未経験から診療放射線技師の転職での志望動機

まったくの未経験から診療放射線技師を目指す場合は、学校に通い1から勉強を始めなければならず、相当な覚悟が必要です。

その思いの丈や診療放射線技師として働きたいという夢を具体的に説明するとよいでしょう。

また、「なぜこの病院なのか」という就職先に対する思いを盛り込むことも大切です。