銀行の種類

銀行にはどんな種類がある?

日本の銀行には、さまざまな種類の銀行があります。

それぞれの銀行がどのような役割を果たしているのかを紹介していきます。

日本銀行

まず、日本で暮らす人にとって大きな影響を及ぼしているのが、日本の中央銀行である「日本銀行」です。

「日本銀行」通称「日銀(にちぎん)」は、日本では唯一紙幣を発行できる銀行です。

日銀では、個人のお金を預かるのではなくて、政府が国民から集めた税金や国債のお金を預かって公共事業に使うお金や公務員への給与などのお金を出しています。

また、日銀では景気をコントロールする大切な役割があり、不景気の時はお金をたくさん刷ることでお金が回るように調整したり、金利を引き下げて企業がお金を借りやすくしたりという政策を行います。

日銀は日本全国に支店を持っており、更に海外事務所にて海外の情報を得たり海外と交渉したりということもあるので、総合職として採用される場合は活躍の場が広がります。

政府系銀行

国際協力銀行、日本政策金融公庫、商工組合中央金庫などという政府系の銀行は、民間の銀行では難しい国のプロジェクトに対する融資や、創業間もない・業績不振といった融資をしにくい企業に融資を行うのが特徴です。

民間の銀行は、企業に融資をして返済ができないことを一番恐れているため、融資の実績が少ない企業に融資を行うことに慎重になります。

そのため、創業間もない会社や業績不振の企業は、商工会議所などからの紹介で事業計画書の指導を受ける制度も使える政府系の銀行で融資と返済の実績を積んでから、民間の銀行に融資を依頼することが多いです。

都市銀行

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行は「都市銀行」と呼ばれていて、全国や全世界に支店を持つ日本を代表する都市銀行です。

このような都市銀行は外国為替のレートを決めたり、国のプロジェクトや大企業に対する融資を行ったりと非常に影響力があります。

取引をする企業にとっては、取引先銀行としてホームページなどに都市銀行の名前を書くと取引先からの信用を得られるというメリットがあり、都市銀行との付き合いはある意味ステータスともいえます。

最近では、海外銀行や証券などの買収や、海外企業への融資も積極的に行っており、都市銀行で特に総合職として働く場合は、世界を舞台に働くこともできます。

地方銀行

地域経済を支えるために大きな役割を果たしているのが「地方銀行」です。

北海道には北海道銀行、青森には青森銀行、群馬には群馬銀行、京都には京都銀行、福岡には福岡銀行というように、各都道府県にそれぞれの都市を代表する銀行が日本全国にたくさんあります。

都市銀行が全国統一のサービスしかできないことに対して、地方銀行ではお客さまに対して地域に合ったきめ細やかなサービスができるのが特徴で、その地方にある地方銀行同士でより良いサービスや顧客獲得に向けて競い合っています。

信用金庫

銀行と同じように金融サービスを行う機関として「信用金庫」があり、各地に数多く存在しています。

信用金庫は地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関で、基本的には銀行と同じような仕事をしますが、主な取引先は管轄の地域に属する中小企業や個人です。

銀行が「銀行法」に基づいて運営される株式会社であるのに対して、信用金庫は「信用金庫法」に基づいて運営される非営利法人であり、より公共性の高い組織として存在しています。

ネット銀行

最近では、じぶん銀行・ソニー銀行・住信ネット銀行といった口座開設から日々の取引まですべてインターネットで完結する「ネット銀行」と呼ばれる新しいタイプの銀行が勢力を伸ばしてきています。

ネット銀行の最大の特徴は、上記のような銀行のように各地方に店舗が必要なく中央管理ができるため、人件費を大幅に削減できるのが特徴です。

そのため、利用者にとっては送金などの取引手数料が安く、定期預金などの金利が比較的良いというメリットがあります。

このような新しいタイプの銀行は、インターネットの取引に抵抗のない若者を中心に、今後も勢力を伸ばしていくことが予想できます。

信託銀行

信託銀行は銀行業務・信託業務・併営業務を営んでいる銀行で、三菱UFJ信託銀行・三井住友信託銀行・野村信託銀行などがあります。

信託とは、委託者が信託行為(信託契約や遺言)によって受託者に金銭や土地などの財産を移転して管理を任せる制度です。

信託銀行は、不動産や有価証券の管理に大きく貢献しており、特に富裕層のお客さまの財産管理を任されることが多いです。

投資銀行

投資銀行とは企業のM&Aの仲介業務や大口顧客を対象に株式・社債の引受業務などを行います。

特にM&Aが成功すると莫大な手数料収入を得られるので、準備には時間がかかり激務となることも避けられませんが、成功すれば非常にやりがいを感じることができます。

専門知識が求められるため、新卒の採用は少なく経験者が優遇されますが、給与水準も非常に高いため、投資銀行で働くことは金融業界で働く人にとっての憧れでもあります。