税理士の役割

経済活動を支える存在

税理士の役割は、大きくわけると2つあります。ひとつは、企業や個人の経済活動をサポートすること。

日本にはさまざまな形の「税金」があります。買い物をしたときに自動的に支払う「消費税」は身近なものかもしれませんが、資産にかかる「固定資産税」や遺産にかかる「相続税」など普段縁がない税金に関してはよく知らないという人がたくさんいます。

また、自営業の人や年金受給者は年に一度、お金の流れを国に報告する「確定申告」をしなければいけませんが、この手続きが複雑でわからないし自分では計算できないという人も多いのです。

こうした人たちが税金を正しく収めるために活躍するのが、税理士です。税に関して知識のない一般人に代わって税務書類を作成したり税務署への申告を行ったりして、納税をサポートしてくれます。

こうしたサポートによって、経営の収支を明確にできたり、確定申告で税金を取り戻せたりするので、税理士は企業や個人の経済活動を支える頼もしいパートナーになっています。

納税制度を支える存在

税理士のもうひとつの役割は、国をサポートすること。税理士が納税者をサポートすることは、同時に、この国の税金制度を支えることにつながっています。

わたしたちの身の回りにある道路も図書館も公園も学校施設も、全て税金によって作られています。警察や消防の仕事、病院での医療だって税金を使って行われています。

税理士が国民の確実な納税をサポートすることで、国は税金を使ってさまざまな制度を運営することができています。

普段はあまり注目されることはありませんが、「税金」という制度も「税理士」という職業も、今の日本にはなくてはならない存在になっているのです。