ヨガインストラクターの通信講座

ヨガインストラクターの通信講座とは

ヨガインストラクターの養成講座は、学校やスクールに通って学ぶもののほか、通信講座もあります。

通信講座とは、自宅に送られてきたテキストやDVD教材などを使って、自分で勉強を進めていくスタイルです。

あらかじめ決められた日時に教室に通わずとも勉強ができるため、通信講座を利用してヨガインストラクターを目指す人もたくさんいます。

それでは、通信講座のメリットを詳しく見ていきましょう

通信講座のメリット・デメリット

通信講座を利用するメリットは、自分の空き時間に、どこでも、いつでも勉強できることです。

大学などの学校に通ったり、会社に通いながらヨガインストラクターを目指すのは大変です。

トータルで50時間、あるいはそれ以上の受講が必要なスクールでの受講は難しい場合もあるでしょう。

そんな人には、自宅で自由な時間に学習できる通信講座が便利です。

また、通信講座は4万円~10万円程度のものも多く、スクールに通ってインストラクター養成講座を受講するのに比べると安価に講義が受けられます。

もともと、ヨガインストラクター目指す人には、自分でヨガスクールや教室に通っている人が多いものです。

ヨガ教室の月謝に加えて、インストラクターの養成講座の費用を支払うと出費がかさみます。

費用面でも安い通信講座であれば、続けやすいでしょう。また、ヨガ教室で学びながら通信講座を受ければ、それだけ理解も深まりやすくなります。

また、ヨガインストラクターを目指す人には、学生より社会人の方が多いです。

仕事をしながら学ぼうと思えば、自分の都合に合わせて勉強しやすい通信講座が便利です。

一方、最も大きなデメリットとしては、自学の姿勢が問われるため、人によっては怠けて勉強が進まないという点でしょう。

他の生徒との交流も、通学制の学校に比べるとしづらいといえます。

ヨガイストラクター通信講座で学ぶこと

ヨガインストラクター通信講座では、以下のような内容を勉強します。

・ヨガとは何か、といったヨガの基礎知識
・ヨガの約4000年に及ぶ歴史
・ヨガの哲学
・ヨガのポーズ
・ヨガの実践
・ヨガの指導法
・人体について
・ヨガとフィットネスやダイエット
・ヨガインストラクターの仕事と始め方
・テスト

など。

ポーズ写真を撮影して送ると、講師が改善点やトレーニング方法をアドバイスしてくれたり、相談や質問があればメールで対応してくれる講座もあるようです。

ヨガスクールとの併用がオススメ

通信講座でも、テキストを読むだけではなく、DVDによる映像で正しいポーズの指導方法を学ぶことはできます。

ただ、通信講座ではヨガ指導の現場を体験することはできません。

そこで、ヨガを学ぶのに加えて、どのように指導しているかを研究するために、ヨガスクールを利用するとよいでしょう。

講師が生徒に指導するときのコミュニケーションの方法など、参考になることがたくさんあるはずです。

ベビーヨガインストラクターの通信講座

ヨガのなかでも、近年注目度が高まっているのが「ベビーヨガ」といわれる種類のヨガです。

ヨガインストラクターの通信講座には、このベビーヨガを指導する人を養成することを目的とした「ベビーヨガインストラクター講座」もあります。

ベビーヨガとは、親子のコミュニケーションを高めるためのもので、通信講座では赤ちゃんの身体や運動機能から、ベビーヨガのポーズとその効能まで勉強します。

テキストにスマートフォンをかざすと、ワンタッチで専用教材となる新システムを採用した講座もあります。