身体がかたくてもヨガインストラクターになれる?

ある程度の柔軟性は必要

ヨガでは、全身を使ってさまざまなポーズをとっていきます。

そこでは柔軟性が求められる動きが多く、身体がかたい人にとってはなかなか思い通りにできないこともあるでしょう。

そのようなヨガを指導する立場として、ヨガインストラクターにも、ある程度の柔軟性は求められます。

インストラクターは、レッスンの際、生徒に対して「お手本」となるポーズを見せていきます。

そこで「身体がかたいのでできません」というわけにはいきませんし、正しい姿勢でポーズをとるためには、やはり柔軟性はあるに越したことがないというのが正直なところです。

身体を柔らかくする努力を

しかし、特別に身体が柔らかくなくても、あるいは少しかためであっても、インストラクターとして採用されるケースはゼロではないようです。

きちんとトレーニングを続けていれば、少しずつ身体は柔らかくなるといわれていますし、ヨガのポーズも無理なくできるようになります。

何より大切なのは、柔軟性を高める努力を続けること、そしてインストラクターとして必要な知識や技術をきちんと習得しようとすることです。

そしてインストラクターを本格的に目指す前から自身でヨガ教室に通い、できる限り身体を柔らかくしておいたほうがよいでしょう。

自分が苦労したからこそ教えられることもある

いま、ヨガのインストラクターとして働いている人の全員が、はじめから身体がものすごく柔らかかったというわけではありません。

なかには最初は前屈もほとんどできないような、全身ガチガチの状態だった人もいるようです。

そうしたインストラクターは、ある程度の柔軟性を身につけるまでに少なからず苦しい思いやきつい思いを味わってきたことでしょう。

すると、最初から何の苦労もなくさまざまなヨガのポーズができるインストラクターよりも、「できない人」の気持ちを理解しやすいはずです。

生徒さんは運動が得意な人・苦手な人、体力のある人・ない人、さまざまな人がいます。

どのような生徒さんに対しても、きちんとした指導ができることは大前提ですが、生徒さんの悩みやニーズをよく理解し、その心にしっかりと寄り添うことができるインストラクターは、より信頼を集めやすいといえるでしょう。