システムエンジニアになるには

高専や専門学校、大学などを卒業する

システムエンジニアとは、クライアントの希望や自分の発想を実現するシステムを設計し、形にしていく仕事です。

システムを形にするには、ITや情報処理、データベースの構築やプログラムなどについて専門的な知識や能力が必要です。

そのため、システムエンジニアを目指す場合、IT、情報処理関係の高専や専門学校、大学の理系学部、情報学部などを卒業しておくとよいでしょう。

ただし、新卒の場合、知識よりもポテンシャルを採用基準としている企業は多く、まったく情報処理の知識がない文系の卒業生を採用しているケースも少なくありません。

最初はアシスタント的な仕事から

システムエンジニアは経験も大切な仕事のため、学校を卒業してすぐにシステムエンジニアとして活躍することは簡単ではありません。

システム開発のプロジェクトでアシスタント的な仕事をして経験を積んでからシステムエンジニアになっていくというのが一般的です。

プログラマからシステムエンジニアになるケース

ソフトウェア開発やシステム開発においてプログラマは重要なスタッフです。

システムエンジニアがどんなに優れたシステムを設計しても、それを実現できるプログラマがいなければ、ソフトウェアシステムを形にすることはできません。

プログラマの力量がプロジェクトの成功を左右するともいえます。

設計されたシステムを実現するには、その設計を理解する能力も必要です。

そのためプログラマの中にはシステムエンジニアを兼任したり、プログラマからシステムエンジニアになる人が多くいます。

プログラマはもともと専門的な知識を持っていますし、最新技術についても常に気にかけていなければならないところもありますから、コミュニケーション能力に優れている人はシステムエンジニアになりやすいといえます。

いつの間にかシステムエンジニアになることも

システムエンジニアというと、システムやソフトウェアの開発を行っている企業やソフトウェアメーカーばかりが勤務先と思われがちです。

ですが、どんな企業でもコンピュータを使い情報処理部門があることから、一般企業でもシステムエンジニアを必要とすることが多くなっています。

そうした企業では初めからシステムエンジニアがいる一方で、コンピュータのことが詳しいため情報セクションを任されるうちに実務上、勉強するうちにシステムエンジニアとなっていくケースもあります。

仕事体験談