水泳選手の引退後

大半は大学卒業と同時に現役引退

水泳選手は、他の競技と比べ、競技年齢のピークが低いのが特徴です。

高校生、大学生でオリンピックに出場する選手がいる一方、大半の選手は大学卒業を機に現役生活も引退します。

大学を卒業しても競技生活を続けられるのは、オリンピックを目指す実力をもつ選手に限られます。

大学卒業と同時に現役を引退する選手には、スイミングスクールやクラブのコーチ、インストラクターなど水泳関係の仕事に就く人もいます。

しかし、多くは一般学生と同じように就職活動をして、それぞれの道に就職しています。

トップ選手の引退は20代後半

社会人になっても競技生活を続けた選手が、現役を引退するのは20代後半です。オリンピックや世界選手権への出場、あるいは予選敗退をきっかけに引退するケースが多いです。

引退後も、社員として所属する企業に残る人も少なくありませんが、引退後の活動は、現役時代の成績で大きく変わってきます。

選手としての実績が就職にも影響

オリンピックに出場したり、メダルを獲得した選手は、現役引退後も、水泳関係の仕事をしている人が多いです。

たとえば、スイミングクラブや大学、高校などのコーチとして誘われ、指導者になる人もいます。

また、メダリストとしての知名度を活かし、水泳の普及活動に携わったり、レポーターやタレントに転身した人もいます。

大学の研究者になったり、日本水泳連盟や日本オリンピック委員会の委員などとして国内外で活躍している人もいます。

柴田亜衣選手のケース

2004年アテネ五輪の女子800m自由形で金メダルを獲得した柴田亜衣さんは、その4年後の北京五輪出場後、26歳で現役を引退しました。

アテネ五輪の時は、鹿屋体育大学の学生でした。北京五輪の時は、鹿屋体育大学の大学院に在籍しながら、スポーツ用品メーカーのデサントの社員でもありました。

現役引退後は、大学院を修了すると、デサントの社員として広報などを担当しました。

その後、会社を退職しましたが、現在は、デサントとアドバイザリースタッフ契約を交わす一方で、マネージメント会社にも所属。全国各地で水泳の楽しさなどを伝える普及活動を行っています。