なるには

水泳選手の怪我・故障

オーバーユースによる障害 水泳は、一般に、健康によく、怪我や故障の少ないスポーツとして知られています。 高齢者の運動としても、よく水泳が奨励されますし、他の競技種目でも、トレーニングやリハビリとして水泳を取り入れているチ […]

水泳選手の食事、栄養

トップ選手の身長と体重 北島康介選手は身長178cmで体重72kg、個人メドレーの荻野公介選手が177cmで71kgです。 女性では、平泳ぎの鈴木聡美選手が168cmで62kg、同じく平泳ぎの渡部香生子選手が166cmで […]

水泳選手の筋肉、体脂肪率

赤身と白身 魚には、マグロやカツオのような赤身魚と、タイやヒラメのような白身魚がいます。 マグロやカツオのように遠海まで泳ぐ回遊魚は、瞬発力より持久力に優れています。 遠くまで長い時間をかけて泳ごうとすると、大量の酸素を […]

水泳選手の体型、体格、手のひら

肩幅の広い逆三角形 水泳選手というと、肩幅の広い逆三角形の体型が特徴です。女性の水泳選手には、引退後、肩幅の広いことを気にする人もいるほどです。 水泳選手が逆三角形の体型になるのは、泳いでいる時、肩と腰の筋肉をよく使うか […]

水泳選手の進路

選手養成は小学生から 水泳選手は、小学校の低学年の頃から選手養成が始まっています。 地元のスイミングスクールに入った幼稚園児や小学生が将来性を見込まれたら、選手育成コースに勧誘され、本格的な練習を始めます。 また、大会で […]

水泳選手に必要なこと、求められること

身体を一直線にすること 水泳選手に必要なことに、伸ばした手の先から足先まで身体を一直線にできることがあります。 身体を一直線にできれば、泳いでいても水の抵抗を受けにくいのです。 たとえば、バサロで泳ぐ際、できるだけ身体の […]

水泳選手に向いている人、適性

水泳が好きかどうか 水泳選手に向いているかどうかは、まず、水泳が好きかどうかでしょう。 水泳選手は、トップ選手になればなるほど、1日のうちでも水中で過ごす時間が長くなります。基本的に水の中にいることが好きでなければ、とて […]

水泳選手になるには

選手登録すれば水泳選手 水泳選手には、誰でもなることができます。特別な資格は必要ありません。 各都道府県の水泳連盟(協会)に選手登録をすれば、水泳選手です。各種の大会に参加できます。 スイミングスクールやクラブに所属した […]

水泳選手のトレーニング、練習

水中トレと陸上トレ 水泳のトレーニングを大きく分ければ、競泳選手のトレーニングは、水中トレーニングと陸上トレーニングに分けられます。 水中トレーニングにも、スタミナをつけるトレーニングとスピード練習では中身が違ってきます […]