スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナーの国家資格はない

スポーツトレーナーになるために必要な国家資格は、現在のところありません。

しかし、人間の体の構造や機能、トレーニング理論などの専門知識が必要であるため、医療系の専門学校や大学の体育系学部で学び、日本体育協会の「アスレティックトレーナー」や「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)」などの資格を取得している人が多くなっています。

柔道整復師など医療系の国家資格をもつ人が多い

試合や練習中に起きるケガや腰痛や膝痛、肩痛といったスポーツ傷害に対応するため、柔道整復師や鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師といった国家資格を持っている人も多いです。

現在、スポーツトレーナーになるための代表的なルートは、2つあります。

一つは、スポーツトレーナーを養成する専門学校や大学の体育系学部を卒業して、日本体育協会の「アスレティックトレーナー」や「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)」などの資格を取得するケースです。

もう一つは、柔道整復師や鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師、理学療法士を養成する専門学校を卒業して、それらの国家資格を取得するケースです。

採用は実績と人脈が大きなポイント

しかし、いずれかの資格を取得したからといって、すぐにスポーツトレーナーとして働くことは難しいです。公募も、ほとんどないと考える方がいいでしょう。

採用は、実績と人脈が大きなポイントとなります。そのため、いったん、スポーツジムや治療院、整体院、鍼灸院などに就職して、それぞれの施設で勤務する人が多いようです。

一般向けのトレーナーや施術者として経験を積む一方、大学や高校などへスポーツトレーナーとして派遣され、経験を積んでいくことが、最も一般的なルートとなっています。

海外に留学し、現地でキャリアを積む人も急増中

最近は、海外留学で資格を取り、海外でキャリアを積む人も増えています。スポーツトレーナーの分野は、日本よりアメリカやカナダの方がはるかに進んでいます。

アメリカの大学などで勉強して資格を取得し、それぞれの州で認定されれば、プロからアマチュアのチームはもちろん、地域のスポーツ団体やスポーツジム、企業、病院など働き場所は豊富です。

自身の腕を磨いてステップアップしながら、プロチームで経験を積み、帰国後、即戦力として働く人も増えつつあります。