鍼灸師の試験の難易度、合格率

鍼灸師試験の難易度は?

はり師・きゅう師になるには、まず国家試験に合格し、免許を取得する必要があります。

鍼灸師になるには

その国家試験は、果たしてどのくらいの難易度なのでしょうか。

まず合格率を見てみると、第1回からずっとはり師・きゅう師共に80%前後を推移しています。平成26年度のはり師国家試験の合格率は76.5%、きゅう師国家試験の合格率は77.1%でした。

国家試験であるため決して簡単ではありませんが、学校で3年間しっかりと勉強していれば合格できる難易度といえるでしょう。

ちなみに、はり師ときゅう師の資格と同時取得者も多い、あんまマッサージ指圧師資格の試験合格率は、はり師ときゅう師よりも少々高い85〜89%くらいですので、あんまマッサージ指圧師のほうがやや合格しやすいといえるかもしれせん。

はり師国家試験受験者数の推移

はり師国家試験の受験者数はほぼ横ばいの傾向にあります。平成27年度の受験者数は4,775人となりました。
はり師国家試験受験者数_27

はり師国家試験合格率の推移

はり師国家試験の合格率は、70%台で推移しています。平成27年度試験の合格率は73.4%となっています。
はり師国家試験合格率_27

きゅう師国家試験受験者数の推移

きゅう師国家試験は、はり師国家試験と同時に受験する人がほとんどであるため、受験者数も同様の傾向となっています。平成26年度の受験者数は前年よりも若干減少し4,732人となりました。
きゅう師国家試験受験者数_27

きゅう師国家試験合格率の推移

きゅう師国家試験の合格率は、ここ10年ほど70%台後半で推移しています。平成27年度試験の合格率は75.0%となっています。
きゅう師国家試験合格率_27

平成27年度 きゅう師国家試験の概要

試験日 平成28年2月28日(日曜日)
申込書受付 平成27年12月1日(火曜日)から同月21日(月曜日)までに公益財団法人東洋療法研修試験財団に提出すること。
試験地 “・晴眼者:北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県
・視覚障害者:各都道府県”
受験資格 3年以上、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設において、きゅう師となるのに必要な知識及び技能を修得したもの(平成28年3月14日(月曜日)までに修業し、又は卒業する見込みの者を含む。)など
試験科目 “医療概論(医学史を除く。)、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論、経絡経穴概論、きゅう理論及び東洋医学臨床論
ただし、同時にはり師国家試験を受けようとする者に対しては、きゅう理論又ははり理論以外の共通科目について、受験者の申請によりその一方の試験を免除する。”
試験方法 “筆記試験により行う。ただし、視覚障害者については、申請により次の方法による受験を認める。
ア:拡大文字、超拡大文字又は点字による受験
イ:アの方法と試験問題を録音したDAISY-CDの使用又は試験問題の読み上げの併用による受験
ただし、文部科学大臣の認定した学校の長又は厚生労働大臣の認定した養成施設の長がやむを得ないと認めた者に限る。
ウ:照明器具、読書補助具、点字タイプライター等の使用による受験”
合格率 75.0%(平成27年度)
合格発表 平成28年3月28日(月曜日)午後2時に、厚生労働省及び公益財団法人東洋療法研修試験財団にその受験地、受験番号を掲示するとともにホ-ムペ-ジにおいてもその受験地、受験番号を掲示して発表
受験料 11,600円
詳細情報 厚生労働省 きゅう師国家試験