歯科医師の需要・就職・採用募集状況

歯科医師の需要

「歯」という人が生きていく上でも重要な箇所を扱う歯科医師の需要は、決してなくなりません。しかし近年、歯科医師のレベル低下、供給過多が問題となり、新規の歯科医師は仕事がしにくい状況であるとも言われます。

特に、都会で開業を考える場合は供給過多の問題から立ち行かなくなる場合が多いようです。と言っても、基本的に潜在需要はありますし、地方に行けば歯科医師を必要としているところはたくさんあります。

実際、潜在需要を掘り起こせるだけの技術があれば、十分にやっていけると言う歯科医師も多くいます。

歯科医師の就職

歯科医師免許を取った後の就職口として一般的なものは歯科医院や大手総合病院ですが、歯科医師になったからと言って、病院に勤めなければならないということはありません。

この他にも、大学、研究所、画像診断センター、厚生労働省、化粧品会社、製薬会社などに勤務する人がいます。また、歯科医師としての道ではなく、歯科麻酔専門医として活躍する人もいます。

歯科医師の採用募集状況

供給過多と言っても、全国的に常に歯科医師の募集がある状態です。歯科医院の多くは複数名の歯科医師を雇っています。また、最近では院長が年を取って引退する際に、若い歯科医師を数名雇い、自身は経営のみを担当するという医院も見られます。

最近では常勤の募集だけでなく、非常勤の歯科医師、女性の歯科医師を歓迎する医院も増えてきました。確かな技術を持っていれば、職にあぶれることはないでしょう。

仕事体験談