歯科衛生士の志望動機・例文

歯科衛生士を目指すきっかけ

歯科衛生士を目指す人の志望動機はさまざまです。多いものとしては、「役に立つ資格を取りたい」「医療に関わる仕事がしたい」「手に職をつけたい」などが挙げられます。

これらはたしかに歯科衛生士の大きな魅力といえます。実際、歯科衛生士を求めている現場は多いですので、資格を持っていれば仕事に困ることはないでしょう。

しかし、歯科衛生士とは、自分本意な考えだけでは務まらない仕事でもあります。患者さんがいてこそ成り立つ仕事ですので、患者さんの口の中の健康を思う気持ちや、人の力になりたいという気持ちを持つことはとても大切です。

患者さんは小さな子どもからお年寄りまで、さまざまな人がいます。患者さん一人ひとりに合った接し方をするためには、ただ技術や知識があれば良いというものではありません。

医療や健康、歯について興味があることも志望動機のひとつになりますが、「人が好き」だからこそ、この仕事を目指したいと思うのも立派な志望動機といえます。

就職活動の際には、志望動機を自分の言葉でまとめられるようにすることが大切です。以下は一例ですが、特色ある診療方針の歯科医院を目指す場合は、それを踏まえた上で「なぜ、その歯科医院を希望するのか?」といった内容も入れ込むのがベターです。

例文

私は幼い頃から歯科医院に通う機会が多く、そこで見た歯科衛生士の姿が強く印象に残っています。誰でも治療の際は不安があるものですが、その衛生士さんは患者さんに対してとても丁寧に、優しく接しており、いつも安心して治療を受けることができました。

将来の進路を考えていく中で、私もあの時の衛生士さんのように患者さんに喜ばれる存在になりたいと思うようになりました。そして歯科衛生士の勉強を続けるうちに、治療だけではなく予防の重要性にも興味を抱くようになり、一人でも多くの患者さんの口の健康を守りたいと思い、歯科衛生士として働くことを希望しています。

仕事体験談