潜水士の仕事内容

水中に潜り、さまざまな作業を行う

潜水士は、海や河川、湖、下水、ダムといった水の中に長時間潜り、潜水器を用いて送気やボンベからの給気を受けながら、さまざまな作業を行う仕事です。

潜水士が行う作業内容は多岐にわたります。

たとえば魚介類の採取、水中での土木建築作業、船舶の修理、沈没船の引き上げ、海洋調査、あるいはスキューバなどのダイビング指導者として活躍する人もいます。

もちろん、海で遭難した人などを助ける海難救助も重要な仕事のひとつです。

このような水中作業を行うためには、「潜水士」の国家資格(免許)の取得が不可欠です。

また、水中は気圧をはじめ、環境条件が陸上とは異なるため、安全に作業を進めるためには専門知識と技能を身につける必要もあります。

潜水作業は危険も多いですが、潜水士にしかできない業務をこなしていくことから、大きなやりがいを感じられる仕事だといえるでしょう。

具体的な仕事内容

潜水士の仕事内容は、主に以下のように分けられます。

土木建築作業

海洋構造物を設置するための測量、施工、補修など。水中で溶接などの作業を行います。「作業ダイバー」とも呼ばれます。

水産物採取

海中に潜って魚介類を捕ります。漁業の分野での活躍となります。

サルベージ

サルベージとは、日本語で「引き揚げる」という意味。沈没船や海中に沈んだものの引き揚げを行うことを、サルベージ作業といいます。

撮影

水中カメラマンとして、海の中などの様子を記録します。水中撮影を専門に行うプロダクションなどに所属したり、フリーで働く人もいます。

調査

大学や研究機関に所属して、海洋生物の調査を行います。

レスキュー

遭難船舶の救助や人命救助活動を行います。海上保安庁や海上自衛隊に所属する人が多くなっています。

ダイビングインストラクター

ダイビングショップなどに所属し、ダイビングをしたいと考える人に指導を行います。

活躍の場によって必要な知識・技能が異なる

このように、潜水士といっても活躍の場はさまざまです。

また、海洋建設に携わる場合は職人としての技量を示すための資格が必要とされたり、レスキューを行う場合はそれに関わる訓練をこなす必要があるなど、どのような分野で仕事をするのかによって、潜水技術以外に身につけるべき技能や知識が異なります。

それぞれ就職先も変わってきますので、潜水士を目指す場合、潜水士として何がしたいのかをよく考える必要があるといえるでしょう。