精神保健福祉士になるには? 必要な資格は?

精神保健福祉士になるまでの道のり

精神保健福祉士になるには、試験を受けて国家資格を取得することが必要ですが、試験には受験資格があります。

受験資格を得る方法は複数ありますが、おもなものは以下の通りです。

・福祉系4年制大学を卒業する
・福祉系3年制短期大学を卒業後、1年以上の実務経験を積む
・一般の4年制大学を卒業後、養成施設で1年以上学ぶ
・一般の3年制短期大学を卒業後、1年以上の実務経験を積み、その後養成施設で1年以上学ぶ

福祉系の大学や短大に進学する場合、受験資格を得るまでの期間は4年間で済みますが、それ以外のルートだと、学習期間や実務期間を通算すると5年以上かかります。

受験資格を得る条件はかなり複雑ですので、各ルートの詳細については、下記のリンクを参照してください。

財団法人社会福祉振興・試験センター 精神保健福祉士 資格取得ルート図

いずれかの方法で受験資格を得て、国家試験に合格すると、精神保健福祉士として仕事ができるようになります。

なお、精神保健福祉士資格は、同じ福祉系国家資格である社会福祉士介護福祉士と同じく「名称独占資格」と呼ばれるものであり、精神保健福祉士を名乗れるのは、資格を取得した人のみです。

精神保健福祉士の資格・難易度

精神保健福祉士国家試験の合格率は、近年60%前後という比較的高い水準で推移しています。

しかし、上述のように試験には受験資格があり、誰でも受けられるわけではありませんので、逆に考えると、大学や養成施設でしっかりと学んできた人であっても、4割は不合格になる難易度ということです。

4年制福祉大学のなかには、卒業生の国家試験合格率が100%近いところもありますので、過度に恐れる必要はありませんが、合格するためには入念な対策が必要になることは間違いないでしょう。

なお、社会福祉士の国家資格をもっていると、養成施設で6ヵ月間学ぶだけで受験資格が得られるうえ、試験で課される全16科目のうち、共通する11科目が免除されますので、資格取得難易度はぐっと下がります。

精神保健福祉士国家試験の難易度・合格率

精神保健福祉士になるための学歴

精神保健福祉士になるための学校として最も一般的なのは、4年制の福祉大学です。

受験資格を得るための数ある方法のなかで、4年制福祉大学に進学するルートだけは、実務経験を積む必要も、養成施設に通う必要もありません。

これから進路決定を控える高校生が精神保健福祉士を目指すなら、4年制福祉大学に進むことが最短ルートです。

しかし、福祉系以外の大学に通っている、あるいは卒業した場合であっても、養成施設に通うことで受験資格を得ることが可能であり、そうしたルートから精神保健福祉士になっている人も大勢います。

国家試験の統計をみても、養成施設卒業者が受験者全体の約6割を占めており、4年制福祉系大学卒業者の割合を上回っています。

ただ、養成施設に入学するためには、大卒者以外については、学歴に応じた年数の実務経験を積まなければなりません。

したがって、精神保健福祉士を目指すなら、福祉系でなくとも、「大卒」という学歴があったほうが有利なのは間違いないでしょう。

精神保健福祉士になるための学校と学費(大学・専門学校)

精神保健福祉士に向いている人

精神保健福祉士は、精神障がいという深刻な問題を抱えた患者やその家族をサポートすることが役割ですので、相手の置かれた難しい立場に共感できる、思いやりがあって優しい人が向いているでしょう。

また、近年では、精神障がいがあっても、地域社会で安心して暮らしていくためのネットワークづくりが進められており、精神保健福祉士にも、他施設と積極的に連携していくことが求められています。

従って、人付き合いが得意で、社交的な性格の人のほうが、精神保健福祉士の適性があるといえるでしょう。

精神保健福祉士に向いている人・適性・必要なスキル

精神保健福祉士のキャリアプラン・キャリアパス

精神障がいを抱える人の症状は千差万別であり、国家試験をパスできる豊富な知識を備えていても、実際の現場で働きだすと、知らないこと・わからないことの連続です。

このため、それぞれの施設に就職すると、まずは先輩や上司の精神保健福祉士の指導を受けながら、実務経験を積みます。

とくに若手のうちは、自分よりはるか年上の患者を前にして、「一体自分が何の役に立てるのか」と無力感に打ちひしがれることもあるかもしれませんが、粘り強く、ひたむきに学んでいく姿勢が必要です。

数年のキャリアを重ねて、一通りどんな相談にも対応できるようになった後には、「生活相談室室長」といった役職者を目指すケースが一般的です。

また、社会福祉士や介護福祉士など、ほかの福祉系国会資格を取得してキャリアアップを図る人も少なくありません。

精神保健福祉士を目指せる年齢は?

精神保健福祉士国家試験を受験する人のなかには、年齢の高い人もかなり多く、40代が全体の2割、50代が全体の1割を占めており、なかには60代以上の受験生もいます。

これは、受験資格が複数あり、学歴や実務経験年数次第では、福祉系の大学や短大にあらためて入りなおさなくても、養成施設に通うだけで資格が得られるという制度上の理由が大きく影響しています。

ただし、資格があっても、年齢を重ねれば重ねるほど就職が厳しくなるのは間違いありません。

とくに福祉分野でのキャリアがなく、実務未経験から精神保健福祉士を目指す場合は、できれば30代のうちに資格を取得しておくことが望ましいでしょう。

精神保健福祉士は高卒から目指せる?

精神保健福祉士国家試験の受験資格を得る条件のなかには、大学や短大に進学することなく、高卒から目指せるルートも存在しています。

ただし、精神病院などの指定施設で4年以上の「相談援助実務」を経験したうえで、養成施設において1年以上学ぶことが必要であり、受験資格を手にするまでに、最短でも5年かかります。

これと比較すると、福祉系の4年制大学に通い直すほうが、4年ですむうえ、国家試験対策もできますので、資格を取得するハードルは低いかもしれません。

通信制の大学や夜間課程の大学もあり、働きながら学ぶことも十分に可能ですので、興味があれば一度調べてみるとよいでしょう。

高卒で精神保健福祉士になるには