生活相談員への転職、未経験採用

生活相談員の需要は拡大傾向に

高齢者社会がますます進むなか、介護サービスの需要は年々増大しています。

そのような時代背景にともない、新しく有料老人ホームなどの介護施設をオープンする企業も増えており、生活相談員の求人もよく見られるようになりました。

まだまだ介護業界は人手不足といわれており、とくに生活相談員は各施設に必ず1名以上配置しなくてはなりませんから、求職者にとっては売り手市場だといえるでしょう。

人は誰でも年齢を重ねていくため、介護のニーズはなくなることがありません。

決して楽な仕事ではありませんが、新たに生活相談員としてキャリアを磨いていくことを本気で決意したのならば、転職先もきっと見つかるはずです。

基本的に、生活相談員として転職する場合は「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の国家資格か、「社会福祉主事任用資格」が求められます。

このうち社会福祉主事任用資格に関しては、大学や短大で「指定科目」といわれる科目を3科目以上学んで卒業していれば自動的に取得することができます。

そのため、たとえば福祉系以外の学部を卒業している人でも、知らず知らずのうちに社会福祉主事任用資格を得ていたというケースがよくあります。

転職する前には、社会福祉主事任用資格の指定科目の内容を確認してみましょう。

未経験から転職するには

上記に挙げた資格を持っておらず、介護の知識や経験もない。まさにまったくの未経験という場合でも、生活相談員になることをあきらめる必要はありません。

介護施設を運営する企業によっては、資格を持っていない未経験者でも「生活相談員候補」といった形で採用しているケースがあるからです。

この場合、まずはベテラン生活相談員について仕事を覚え、必要な資格を取得して一人前の生活相談員として働くといった流れになります。

最初の1〜2年は介護職員として現場の仕事をし、介護業界の仕組みや業務を覚えていくこともあります。

小規模の施設はスタッフの人数も最小限に抑えられているため、なかなか未経験者が採用されることは難しいかもしれませんが、多くのスタッフが活躍している施設の場合、未経験者も積極的に採用して自社で教育を行っているようです。

生活相談員の求人情報は、介護業界専門の求人サイトや各施設のWebサイトなどによく出ていますので、未経験者OKとなっているところを探してみましょう。