生活相談員の1日のスケジュール・生活スタイル

生活相談員の業務スケジュール

生活相談員は、おもに有料老人ホームや特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービスなど、さまざまな介護施設で勤務します。

直接、利用者の介護実務に携わる「介護職員」は夜勤が入ることもしばしばありますが、利用者からの相談業務や連絡調整役となる生活相談員は、基本的に日勤となります。

介護業界のなかでは比較的規則正しい生活を送りやすい職種であるものの、人手不足の施設では生活相談員が介護の実務を兼務することがあります。

その場合、シフト制での勤務や、夜勤ありの勤務体系となる可能性も考えられます。

さらにキャリアアップして「施設長」や「ケアマネジャー」の役割まで担うようになると、勤務体系が変化することがあります。

特別養護老人ホームで働くで働く生活相談員の1日

8:30 出勤
自分のデスクに着いたらメールチェックをします。
8:45 朝礼
夜勤で朝まで働いていた介護職員から、利用者さんの状態で変わったことはないかなど伝達事項を聞きます。
9:00 業務開始
行政などの関連機関と電話やメールを通じて、連絡や調整を行います。
10:30 相談業務
利用者から今後の過ごし方について相談があるとのことだったので、部屋を訪れて相談にのります。
12:00 昼食
持参した弁当を食べて一息。
13:00 利用者の家族と面談
ケアマネジャー同席で、施設に入居している本人と、その家族との面談を行います。

今後の介護計画の方針を考えるための重要な時間です。

15:00 事務作業
面談記録を報告書としてまとめます。
18:00 退勤
この日は事務作業が少なかったので定時で退勤。

日によっては1時間~2時間程度の残業をします。

デイサービスで働く生活相談員の1日

8:00 出勤
施設に到着したら制服に着替え、1日のスケジュールを確認します。
8:30 朝礼
スタッフ全員で元気よくあいさつし、当日の予定を共有。

その後、施設内や玄関を掃除します。

9:00 業務開始
送迎バスに乗って利用者の方がやってきます。

一人ひとりに明るく「おはようございます」と声かけをしてから、デスクに戻って事務業務を進めます。

12:00 昼食
専門のスタッフが手作りした昼食を利用者の方と一緒に食べます。
13:00 相談業務
施設長と一緒に、新たにサービスの利用を希望する本人と、その家族と面談。

どのようにサービスを利用すべきかを検討します。

16:00 利用者の見送り
利用者の方がバスに乗って帰宅します。

玄関まで出て笑顔で見送ります。

16:30 会議
施設運営に関わるミーティングに出席。

レクリエーションの内容などについて意見を交わし合います。

17:30 契約書作成
新しい利用者の契約書を作成します。事務作業が溜まっている日は残業になることも。
18:30 退勤
トラブルがなければ定時で上がれます。

生活相談員の勤務時間・休日、夜勤や残業はある?