夜間や通信で理学療法士の資格を取得できる?

夜間の学校で目指す人は多い

理学療法士は、新卒でこの仕事に就く人がたくさんいる一方、社会経験を積んでから転職といった形で就く人も多くいます。

社会に出て多様な経験を積んだり、さまざまな場面を目にしていったりするうちに、理学療法士の仕事に興味を持つことがあるようです。

そのような場合、現在の仕事を辞めて昼間の大学に通う人もいますが、働きながら夜間の大学で学ぶ人も多くいます。

仕事をした足で学校に通うことになるため、当然、疲れや負担は大きくなるものの、夜間学校に通っている人の大半は意欲が高く、きちんと勉強をして見事に国家資格を取っているようです。

ただし、施設実習や臨床実習は基本的に昼間に行うため、その時間をどのように確保するかについて考えておくことは必要です。

働きながら夜間学校に通う場合は、実習期間などについても事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

通信で学ぶことはできない

世の中に数ある職業の一部には、通信教育によって資格を取得し、そのまま就職を果たすことができるものもたくさんあります。

しかしながら、理学療法士になりたい場合は指定された養成学校に通うことが必須とされており、通信教育のみでの資格取得は不可能です。

大学院のなかには、通信制で修士の学位が取得できるところもありますが、それはあくまでも理学療法士としての専門性を高めるために進学するものです。

国家試験の受験資格を得るためには、やはり大学、短大、専門学校の養成校に通う必要があります。

スケジュール管理の大切さ

夜間の学校に通う場合には、通常の昼間の学校に通っている人よりも、細かくスケジュール管理を行う必要があるでしょう。

ほとんどの人が働きながら通学するため、睡眠やプライベートなどの時間も確保しようとすれば、限られた時間内で効率的に勉強をしなくてはなりません。

大変だと感じることも多いかもしれませんが、「時間を効率的に利用する」という視点は、理学療法士になってからも重要なポイントになります。

なお、夜間の学校であっても、理学療法士になるうえで必要とされる知識・技術を備えるためのカリキュラムはしっかりと組まれています。

仕事体験談