MRに向いている人、適性

医療の世界に関心がある人

MRは、医薬品の情報にとことん精通しているスペシャリストとならなければいけません。

薬の効能や使用法、副作用についての知識はもちろんのこと、医療関係者と対等の話をするためには病気に関する幅広い知識も求められます。

実際に薬の処方をするわけではないので薬学部出身である必要はありませんが、やはり薬学に関することを相当勉強することになるため、医療の世界に高い関心があることが大切です。

時代の移り変わりとともに新薬が出るため勉強は果てしなく続くことになりますが、「薬を通して苦しんでいる患者の役に立ちたい!」という強い想いがある人にとっては、生涯をかけて向き合えて大きなやりがいを感じられる職業になるでしょう。

営業や販売に自信がある人

医薬品情報担当者であるMRと病院や薬局で実際に医薬品を取り扱う薬剤師は、どちらも「医薬品のスペシャリスト」と言うことができます。しかし、その2つの職業には大きな違いがあります。

薬剤師が病院や薬局に所属し、「薬を確実に処方する」ことを使命としているのに対して、MRの場合は製薬会社などの医薬品メーカーに所属し、「薬の情報を提供しながら病院に売り込む」ことまでが仕事。

営業マンとしての役割も兼ねているため、常に売り上げを伸ばすことが求められます。

このため、MRには、自社の医薬品をさまざまな病院で取り扱ってもらうための高い営業能力が求められます。

単に「知識を詰め込むのが得意」というタイプの人ではこの分野で活躍するのは難しく、膨大な知識と正しい判断力や親しみのある人柄で医師たちの信頼を勝ち取り売り上げにつなげていける、コミュニケーション能力がある人が活躍できる世界なのです。