MRの資格

独自の「MR認定試験」とは

MRとして働くために、学歴や国家資格など絶対に必要な条件はありません。基本的には、製薬会社などに採用してMRの仕事に就くことができれば、誰でも業務を行うことは可能です。

ただし、実際は多くの人が、厚生労働省認可の公益財団法人であるMR認定センターが実施している「MR認定試験」という試験に合格して「MR認定証」を取得してから働いています。

これは、MRとして必要な知識を身につけていることの大切な証明となるもので、病院の医師たちからの信頼を得るための有効な手段となっています。

大手の製薬会社でMRとして活躍するためには、この試験に合格することが必要不可欠です。

認定試験に合格するために

この「MR認定試験」は誰もが自由に受験できるというわけではなく、受験資格があります。

製薬会社やMR派遣業で「導入教育」と呼ばれる基礎的な研修を受けて修了認定するか、MR認定センターの教育研修施設で基礎教育300時間を受講して修了認定することで受験資格が得ることができるのです。

試験は毎年12月に東京と大阪で行われます。疾病や治療に関することや薬理学など医薬品全般に関する知識を問われる試験です。

平成9年から毎年行われているこの試験の合格率は、平均するとおよそ8割程度になります。しっかり対策をしておけば一発で合格することはそれほど難しくはないでしょう。

なお、このMR認定試験は製薬会社などに入社した後に勉強して合格を勝ち取るのが一般的であり、大学生の間に独学で認定証を取得しておく必要はありません。