マーケティング部門の仕事、業務内容

売れる仕組みを考える

マーケティングとは、「売れる仕組み」を考える仕事だといわれます。

通常、マーケターは客の関心や社会の状況を把握するために情報収集・分析を行い、その結果に基づいて社内ブレーンとして企業活動を支えます。

具体的な仕事内容は企業によって異なりますが、一般的なものとしては、調査・分析・コンセプト作成などです。

各種調査を通じた情報収集・分析

マーケティングの基本となる仕事は調べることです。

新商品開発に先立ち、いろいろな市場調査やアンケートを通じ消費者の嗜好などについて情報収集・分析したり、自社ホームページなどで蓄積した顧客データを解析し、その傾向を把握したり、CMなど宣伝活動の効果検証を行ったりなどします。

また、これらの調査・分析結果を報告書にまとめて社内で共有します。

中には、こうした一連の作業を調査専門会社に依頼する企業もあります。

また、マーケターは、こうした調査以外に、毎日の暮らしの中でも情報を集めます。

話題の店に足を運んだり、スーパーの品揃え、人々のファッションなどあらゆるものに興味を持ち、気づいたことがあればスマホにメモしたりなどして、次のトレンドをつかむヒントにします。

新商品などのコンセプトを練る

集めてきた情報、調査結果などを読み込みながら、「どの層をターゲットに、どういう商品なら売れそうか」を考えます。

ときには、データ類から距離を置き、あらためて客の気持ちになって本当に客が求めていることは何なのかを感じ取るなど、感性も駆使して客の本音に迫り、これに見合った商品コンセプトを練ります。

アドバイザー、プロジェクトのブレーン

情報収集・分析結果などを基に、客の視点に立って他部門にアドバイスしたり、商品開発などのプロジェクトをリードしたりします。

どれだけの部門の活動に関わるかは企業で違います。

広範囲になりがちなのがメーカーで、マーケターはブレーンとして多様な役割を果たすことが多いようです。

たとえば新商品企画プロジェクトにおいて、マーケターは企画・開発部門には、客の嗜好やライフスタイルを報告したり、それらに基づいて新商品のコンセプトを示したりします。

コンセプトに沿った具体的な商品案を出すこともあります。

商品化されるまでにコンセプトがぶれないよう、プロジェクトの各段階で狙い通りに進んでいるか確認したり、関連部門にあらためてコンセプトの理解と賛同を得たりするのも大事な仕事です。

営業部門や宣伝部門とともに商品のネーミング、価格の設定、販売エリアや流通チャネルの選定、広告・販促策立案などを行う場合もあります。