マーケティング部門の種類

マーケティングの担当部門は企業によって異なります。

マーケティング部門がマーケティングを行う場合もあれば、企画開発部門、営業部門、広報・宣伝部門などがマーケティング部門的役割を果たしたり、これらの部門の中にマーケター(マーケティング担当者)を置いたりする場合もあります。

そのため、一口にマーケティングと言っても仕事内容は企業で違います。

また、企業の業種や規模、扱う商品やサービスなどによっても変わってきます。どう違うのか、よくあるマーケティングの仕事のパターンを紹介してみましょう。

共通している仕事~情報収集・分析

マーケティングの仕事内容は企業によりさまざまですが、共通しているのが情報収集・分析という仕事です。

対面、ネットでの消費者リサーチなどの各種調査、自社ホームページなどで集めたデータの解析、イベントなどの集客予測や効果検証を行い、これらの結果の分析を報告書にまとめて社内で共有します。

パターン1:企画・開発中心

マーケターは、情報分析結果などに基づいた企画コンセプトの立案と適切な開発のためのアドバイスなどを行います。

たとえば、新商品開発の場合、ターゲットとなる消費者を抽出、商品企画のコンセプトを練り上げ、企画・開発担当者に提案します。

商品開発の過程では、ターゲットに関する情報提供やターゲットの立場に立った意見で、開発が企画の軸からブレないようリードします。

終始、企画・開発部門と密にやり取りをしながら仕事を進めます。

パターン2:営業・広報・広告中心

ターゲット目線で最適な売り方や宣伝方法を考え、実施します。ターゲットの特徴を踏まえながら、商品の価格や販売ルートなどを営業部門に提案したり、効果的な広告企画を宣伝部門に伝えたりなどします。

マーケターが直に各種カタログ、Webサイトのディレクションから文章の文字校正、必要な写真撮影の立ち会いなどまで行ったり、メディアの取材に対応し、広く一般に情報発信したりすることもあります。

パターン3:調査から販促まで網羅

マーケターが、情報収集に始まる上記の一連の仕事全てにブレーンとして関わります。

食品、飲料などのメーカーのマーケティング部門によく見られるパターンです。

これまで、日本企業でもっとも多く見られたのが広告・宣伝中心のマーケティングでしたが、IT(情報技術)を用いた「デジタルマーケティング」が本格化してからは「パターン3」の網羅型が増加傾向にあるようです。