柔道整復師の仕事内容

柔道整復師とは

身近なところで「ほねつぎ」といった看板を見たことがある人は多いでしょう。

柔道整復師とは、その「ほねつぎ」や「接骨師」あるいは「整骨師」として知られる職業です。

柔道整復師になるには国家試験を受けて合格しなければなりません。

資格取得の際に、柔道経験は必ずしも必要ではありませんが、養成学校において柔道を学ぶことがカリキュラムに組み込まれている場合もあります。

国家試験に合格し、柔道整復師の免許を取得すると、「接骨院」や「整骨院」などで働くことができるようになります。

柔道整復師には開業権が認められているため、自ら接骨院を開業する柔道整復師も多くいます。

よく混同されがちですが、国家資格である「柔道整復師」は、民間の資格を取得してなることができる「整体師」や「カイロプラクティック師」といった職業とは異なります。

ただし、柔道整復師が整体院などで働き、「整体師」と名乗っていることもあります。

整体師の仕事

また、同じく国家資格が必要なものにあん摩マッサージ指圧師がありますが、こちらとも異なる資格です。

あん摩マッサージ指圧師の仕事

柔道整復師の仕事

柔道整復師とは、骨や関節、筋や腱、靭帯といった箇所に発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを治療する仕事です。

柔道整復師の治療は、外科で行われる手術などとは異なり、手術をしない「非観血的療法」によって損傷を治していきます。

捻挫をすると、ひどいときは当て木を当て、捻挫箇所を固定します。また固定だけでなく、その箇所のマッサージなども行われます。

柔道整復師の特徴は、基本的に素手でのみ治療を行うことです。病院と異なり、投薬や手術は行わず、湿布や包帯、テーピングのみで施術をします。

人間の持つ自然治癒力を発揮させるという東洋医学の考え方で治療法が成り立っています。

ただし、骨折や脱臼の治療については、応急処置以外では、治療の際に医師の同意が必要とされています。

柔術を起源とする治療法でその歴史は古く、戦国時代まで遡るといわれています。

柔道においては骨折や脱臼などのケガが多く、それらを治療する活法として生まれました。その後、東洋医学だけでなく、西洋医学も取り込んで発展してきています。

柔道整復師はほねつぎのエキスパート

柔道整復師は骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの治療に関するエキスパートであり、その治療は準医療行為と定められています。そのため保険治療が受けられます。

つまり、風邪などで病院にかかるときと同様に、柔道整復師の治療には保険証を使うことができるのです。

柔道整復師は、近年活躍の場が広がっています。

有名選手の影に名トレーナーがいるという話をよく聞くでしょう。柔道整復師は病院や接骨院に勤務する以外にもスポーツトレーナーとして活躍する人も多く、注目されることがある職業になっています。