柔道整復師の就職先と活躍の場

独立開業する

柔道整復師になるには、国家試験を受けて資格を取得しなければなりません。

そして免許を取得すると、「接骨院」や「整骨院」などで働くことができるのですが、資格があれば独立して整骨院や接骨院を開業することもできます。

柔道整復師は医療従事職といわれる職業です。

医療従事職といわれる職業は、医師はもちろんですが、看護士や歯科医師、理学療法士、そしてあんまマッサージ指圧師、はり師、保健師などといったさまざまな種類があります。

しかし医療従事職には独立開業が可能な資格と、病院内でなければ技術を活かすことが難しい資格があります。

そのさまざまな職業の中で独立開業が可能な資格のひとつが柔道整復師です。

もちろん、柔道整復師は経験をつむことが大事な職種ですから、資格を取得してすぐに開業することは難しいところですが、経験を積んで身近な接骨院として地域に貢献する人が多くいます。

整形外科で働

柔道整復師のなかには、独立開業を目指さず、病院の整形外科で働く人もたくさんいます。

病院の整形外科で働く柔道整復師は、医師や理学療法士の指示によって、リハビリや整復補助を行います。

理学療法士の仕事

リハビリとは固まってしまった患部を物理療法や手技療法によって施術することです。

柔道整復師の治療方法は、患部を固定や整復するといった手術をしない「非観血的療法」によって損傷を治していくため、関節部分などを長く固定しているとその部分が固まってしまうのです。

それを元の通りに動けるよう助けるのがリハビリです。

以前は柔道整復師というと、このリハビリを行う人が最も多かったのですが、最近ではリハビリを行うだけでなく内科など整形外科以外で働く柔道整復師も増えてきています。

柔道整復師が活躍できる場所は他にも

有名選手の影に必ず名スポーツトレーナーがいることがテレビのドキュメンタリー番組で紹介されたりしています。そのような形で近年、注目されることがあるのが柔道整復師です。

スポーツトレーナーの仕事

そのほか、最近は介護保険関連施設やスポーツ関連施設、健康関連施設、プロスポーツチーム、教育機関など、柔道整復師が活躍する場所が広がってきています。