スポーツトレーナーとして働く柔道整復師

スポーツの現場で活躍する人も

柔道整復師といえば、街の整骨院や整形外科などで一般の患者さんに施術を行うイメージが強いかもしれません。

しかし、実際には柔道整復師は多様な場で活躍しており、中には「スポーツトレーナー」として、スポーツの世界で専門的なスキルを発揮する柔道整復師も大勢います。

スポーツトレーナーの役割

スポーツトレーナーとは、主にサッカーや野球、陸上、水泳など、さまざまなスポーツ選手の身体づくりやトレーニングのサポート、コンディション管理などを専門に担う人のことをいいます。

具体的には、ケガをしにくいトレーニングの方法を指導したり、筋力を高めるための栄養管理を行ったり、さらにはケガの手当、精神面のケアなど、さまざまな仕事があります。

一人のスポーツトレーナーがある選手の「専属」となって、これらの役割をすべて担うこともあります。

ですが実際には、栄養管理については管理栄養士の資格を持っている人が担当、トレーニング指導はトレーニングのプロが担当といったように、それぞれの専門性を生かした「分業」の形で行うことも多くあります。

このように、スポーツトレーナーが多岐に渡る役割を担う中で、柔道整復師は、主にスポーツ選手の「コンディション維持・管理」の面において、大きく力を発揮することができます。

たとえば、選手がケガをした際には、患部の状態を確認してアイシングやテーピングなどの救急処置を行ったり、回復を促すためのリハビリテーションをサポートします。

また、選手の日々の身体づくりについてもアドバイスを行い、選手と二人三脚となって活動していきます。

スポーツトレーナーの仕事

スポーツトレーナーとして働くには

一言で「スポーツ」といっても、実際には、瞬発力が求められるもの、持久力が必要とされるものなど、競技ごとに特性が大きく異なります。

選手のコンディションを管理するためには選手が行う競技の特性を知り、そのうえで最適な身体へのアプローチ方法を知っていなくてはなりません。

柔道整復師になるための専門学校の中には、「ゆくゆくスポーツトレーナーとして活躍したい」と考える人向けに、スポーツ医学についてより深く学べるコースや学科を置いているところもあります。

このような学校に進学すれば、柔道整復師の国家資格を取得したのちには、スポーツ業界への就職がより近づいていくでしょう。

狭き門ではありますが、プロのスポーツチームのほか、企業や大学などのスポーツチーム、あるいは選手個人との契約など、さまざまなスポーツの現場で裏方として力を発揮することができます。