児童指導員の仕事内容、役割

児童指導員の仕事内容

児童指導員とは、児童福祉施設で生活する0~18歳までの子どもたちを、保護者に代わって援助、育成、指導する仕事です。

具体的には、児童養護施設や児童家庭支援センター、医療型児童発達支援センター、乳児院などで過ごす子どもたち一人ひとりに対して、しつけや学習指導、生活上の手伝いとアドバイスを行い、彼らの健全な成長を支援します。

子どもたちが児童福祉施設で生活する理由はさまざまです。

たとえば、家庭の事情で余儀なく施設に入ってることもあれば、障害を抱えていることを理由に養護を必要とする場合もあります。

児童と生活をともにする児童福祉施設では、児童指導員は子どもの日常生活に深く寄り添い、食事や洗面、掃除の援助、遅れている勉強の指導、あるいはレクリエーションやスポーツなどを指導します。

そのほか、児童相談所や学校と連絡を取り合ったり、児童の引き取りに関して保護者との面接を行ったり、対外的な折衝を行うことなども、児童指導員の重要な仕事の一部です。

児童指導員の役割

子どもたちにとって、児童指導員という存在は親であり、兄や姉であり、また先生でもあります。

ときには親代わりにしつけをしたり、ときには兄や姉のように一緒に遊んだり、ときには先生のように学習を指導したりと、子どもたち一人ひとりの年齢や個性、能力を見極めながら、健全な成長をサポートしていくことが求められます。

児童指導員が目指すべきところは、子どもたちが施設を出てから社会や家庭に適応できるよう、基本的な社会生活習慣を身に付けさせることです。

なお、知的障害児や肢体不自由児など障害のある児童が入所する児童福祉施設では主に療育を、児童養護施設ではケースワークといったように、それぞれの施設に合った保育を行っていきます。