医療秘書の現状と将来性

医療秘書の現状

「医療秘書」という職業は、まだそれほど歴史が長くない職業です。

昔は、病院で働くスタッフといえば「医師」や「看護師」などの医療スタッフがメインで、事務スタッフの存在はそれほど重要視されていませんでした。

特別な知識やスキルがなくても、お会計や患者さんへの対応など基本的な業務ができればよいという考え方のもと、時間の都合のつきやすい人や愛想の良い人を採用する医療機関もあったのです。

しかし、近年では「医療事務」「病棟クラーク」「医療秘書」などの職業名が確立してさまざまな資格試験や技能検定が行われるようになり、医療系の事務職にもっと専門性を持たせていこうという流れができています。

こうした流れのなかで、大病院を中心に医療秘書の採用や人材育成を重要なものとして考えるところも増えてきているようです。

優秀な医療秘書が活躍することは医師不足や看護師不足からくる医療スタッフの過重労働を減らすことにもつながるので、今後は事務能力を持った医療秘書の採用に積極的になる病院も増えるのではないでしょうか。

現状としては、医療秘書はまだまだ世の中の認知度が高い職業とはいえませんし採用数もそれほど多くはありませんが、今後もっと採用数が増えたり待遇が良くなったりする可能性のある職業と考えてよいでしょう。

幅広い分野で広がる可能性

医療秘書の職場というと、病院を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際は、病院以外にも、製薬会社や医療機器メーカー、調剤薬局など、さまざまなところで活躍している人がいます。

こうした場では、通常の秘書としての仕事を行うだけでなく、医療情報の管理やレセプト審査の業務など、より医学に特化した専門的な業務を任されることになります。

秘書としてのスキルと医学の知識の両方を活かし、今後さらに活躍の場を広げていくことが期待できる職業といえるでしょう。