イラストレーターの現状と将来性

需要はあるが、実力主義の要素が大きな仕事

ポスターからチラシ、雑誌、キャラクターなど、イラストレーターが描く絵は、私たちの身の回りにあふれています。

専門色が強い実力主義の世界であるため、成功するのは簡単ではありませんが、時代を問わず需要のある仕事といえるでしょう。

しかし、イラストレーターは「ただ絵が上手」というだけではなかなか日の目を浴びることが難しいのも事実です。

そこそこ描けるということであれば、プロでない人でも大勢いるからです。

それでも、オリジナリティあるイラストを描くことができ、ビジネスとしての視点をもって依頼主の要望にきちんと応えることができれば、少しずつ活躍のチャンスを得ることができるでしょう。

活躍の場にも変化が

イラストレーターの活躍の場を考えたとき、かつてに比べると紙媒体におけるニーズは減っているようです。

しかしその分、デジタルでの表現方法は広がりを見せており、Web上で公開されるイラストのニーズは高まっています。

紙媒体が一切なくなることは考えにくいですが、イラストレーターの仕事はWebへ移行しつつあることは事実です。

一方、書籍の表紙のデザインやイラストなど紙媒体の仕事は、以前にも増して競争率が高まっているといわれます。

独立すれば可能性はさらに広がる

イラストレーターは、制作会社や事務所などの組織に属して働くことのほか、フリーランスとして個人で仕事をしやすい職業のひとつでもあります。

独立をすれば会社の肩書きを背負わず、すべて自己責任での活動になるのは大変なところですが、さまざまな内容の仕事を請け負うことができたり、自分のペースで仕事がしやすかったり、頑張り次第では大きく収入を跳ね上げることも可能です。

しかし、独立を目指す場合はよりいっそう、きちんとしたスキルを身につけることが大切です。

最初からフリーで仕事をすることも不可能ではありませんが、仕事の進め方を掴んでいると、独立後もスムーズに仕事ができるでしょう。

イラストの技術を高めることはもちろんですが、この仕事では編集者やディレクターなど他の人とコミュニケーションをとりながら作業を進める機会が多いため、人の気持ちを汲み取ることが得意であると強みになるでしょう。

仕事体験談