イラストレーターが使うソフト

必須は「イラストレーター」と「フォトショップ」

イラストレーターを目指すうえで必須となるソフトは、Adobe社の「イラストレーター(Illustrator)」と「フォトショップ(Photoshop)」です。

これらのソフトは比較的認知度が高く、一般の人でも少しイラストやデザインに興味がある人であれば持っていることもありますが、プロも日常的に使用しています。

活動するジャンルによってはイラストレーターとフォトショップのどちらかだけでも済みますが、両方使いこなす人がほとんどです(イラストレーターだけという人も、「Gimp」といったフォトショップと似たソフトは、必ず何かしら使っています)。

「イラストレーター」と「フォトショップ」の使い分け

それでは、この2つのソフトについて紹介していきましょう。

まず「イラストレーター」ですが、これは本当に万能なソフトで、本のページやポスターなどのレイアウトにも使われますし、漫画を描くのにも使われます。

一方、「フォトショップ」は写真を加工したり、普通の絵と同等にたくさんの線や色を重ねたりするデジタル絵画に使われます。

つまり、ものすごく簡単に分けると、写真をとったり絵を描いたりする人が使うのが「フォトショップ」で、それをレイアウトする人が使うのが「イラストレーター」。

そして、写真や絵のように凝った画像ではなく、説明図などのシンプルなイラストの場合、イラストレーターを使うことが多いです(これはあくまでも簡単に分けた場合です)。

使いこなすにはそれなりの勉強が必要にはなりますが、直感的に作業することで覚えていける部分も多々あります。そのため、説明を読むより実際に使ってみるのが一番早いでしょう。

どちらのソフトも1ヵ月程度であれば体験版を無料で使うことができます。また、両方とも学生時代に入手すれば、学割を利用してだいぶ安い価格で購入することができます。

不定期でバージョンアップがなされますが、プロでもあまり頻繁には買い換えられない高額なソフトであるため、できれば学生のうちに持っておきたいところです。

無料で使えるソフトもある

ひとまず、イラストレーターとフォトショップのことを理解しておけば、イラストレーターとしての活動は問題なくできるでしょう。

このほか、デジタルイラストを無料で描けるソフト、いわゆる「フリーソフト」というものも存在します。

フリーソフトは、有料ソフトに比べて機能に制限があったり、初心者には逆に使いこなすのが難しかったりといったデメリットもありますが、とりあえずお試しで制作ソフトに触れてみたいという人であれば、使ってみるのもよいでしょう。

仕事体験談