イラストレーターの資格

イラストレーターに資格は必要?

どのような職業を目指していくうえでも、「なるために必要な資格」は気になるところでしょう。

イラストレーターの場合、結論からいうと働くうえで特別に求められる資格はありません。

イラストレーターの求人募集を見ても、応募条件として何かしらの資格名が記載されているケースはあまり多くなく、資格のことはまったく考えなくても、絵を描く力やセンスなどがあれば、イラストレーターになることは十分に可能です。

ただし、イラストレーターの仕事に関連する民間資格はいくつかあり、自身のスキルアップのためにそれらの取得を目指す人もいます。

資格は必須ではありませんが、個々のスキルが問われる仕事だからこそ、資格取得を目指して勉強をしたり技術を磨く訓練をしたりすることは、決して無駄にはならないでしょう。

ここからは、イラストレーターに関連するおもな資格を紹介します。

イラストレーターに関連するおもな資格

Photoshopクリエイター能力認定試験/Illustratorクリエイター能力認定試験

アドビ社のPhotoshopやIllustratorを活用する能力を図る試験です。「スタンダード」「エキスパート」の2つのランクに分かれています。

アドビ認定エキスパート

アドビ社が認定する資格。IllustratorやPhotoshopなど、同社のソフトウェア製品について専門的な知識と技能を持つことを証明します。

CGクリエイター検定

CGによって表現をするデザイナーやクリエイターのための検定試験です。

色彩検定/カラーコーディネート検定試験

どちらも、イラストとは切っても切り離せない「色彩」に関する知識を問う試験です。

ソフトを扱うスキルが必須

イラストレーターとして働くようになると、少なくともPhotoshopやIllustratorのソフトは日常的に使いこなす必要が出てきます。

現代ではイラストレーターの仕事でもITを活用することが多く、いくら色彩感覚やデッサン力にすぐれていてもパソコンのソフトを上手に扱うことができなければ、効率よく仕事を進めていくのは難しい場合があります。

上記に挙げたようなソフトの使い方を学びながら、実力を確認するために関連する資格取得を考えてみるのもよいかもしれません。