イラストレーターの仕事のデジタル化の苦労、大変さ

ここでは、技術的、物理的な苦労に絞ってお話しさせていただきます。

技術的に多くの人がぶつかりやすい壁は、「デジタルの壁」だと思います。

イラストのお仕事は、絵を描くだけでなく、大抵それが何かに「印刷」されたり「掲載」されたりします。

その時どうしても、元のデータをデジタルで作っておく必要があります。普通に描いた絵をスキャンしただけのJPEGでは、例えばペットボトルのラベルに印刷するとか、絶対できないですよね。

そのため「イラストの仕事=デジタルイラストの仕事」と言ってもいいくらい、このお仕事は、ほとんどデジタルで進行します。

なので、デジタルの技術が必要なのですが、これが結構難しいのです。

例えば、タブレットは未経験者の方が思うほど簡単には描けません。ペン先と実際の絵が離れているため、とても違和感があります。

プロが使う高級タブレットを買っても、当分の間は手描きに追い付けないでしょう。

タブレットも一つの「画材」であり、たとえば油絵具を買ってきても、すぐに油絵を描けるわけではないように、タブレットも買うだけでなく、練習してマスターする必要があるのです。

そして、タブレットだけでなく、Illustrator、Photoshopなどの定番ソフトを使いこなす技術も必要です。

これらで画像を制作するのも当然大変ですが、もっと複雑なのは「入稿」です。

入稿というのは、データを印刷所などに送ることですが、この時、印刷が1色か2色か4色(フルカラー)かなどのパターンで、データの作成にも色々なルールがあり、たいていのイラストレーターは、最初にここで、何かしら失敗をします。

こうして、「絵と全然関係ないこと」も仕事のために苦労して覚えながら、イラストレーターは成長していきます。

大変なことも多いですが、スクールとか趣味の絵では絶対学べない、絵の本当のよろこびを知ることもできるので、楽しい生き方だと思います。

仕事体験談