イラストレーターになるための学校(大学、専門学校、スクール)

学校でイラストを学ぶべき?

イラストレーターになるうえで、何か特別な資格が求められることはなく、特定の学校に通わなければならないということもありません。

したがって、イラストレーターになる道は人によって異なり、独学で絵のスキルを磨いていく人もいますし、よほどの才能ある人の場合、たいして勉強することなく素晴らしい絵が評価されてデビューというケースもまれにあります。

しかし、多くの人はイチから努力をして、イラストレーターという職業を目指していくため、やはり学校で基礎から学びたいと考えるようです。

ここでは、イラストレーターを目指せるおもな学校の特徴について紹介します。

大学

まずは、高校卒業後に大学に進んで、イラストレーターになろうとする場合です。

美術大学のデザイン学科や、一般大学の美術系学科・コースに通うことが選択肢として挙げられるでしょう。

大学では、じっくりと長い時間をかけてデザインの知識を深め、デッサン力などの技術を磨くことができます。

また、デザイン以外に一般教養や語学・情報学などの科目も多くあるため、幅広い教養や豊かな人間性も育みやすい環境があるといえるでしょう。

イラスト以外のことを専門的に学んでいる学生との交流もしやすいです。

また、絵画全般やデザインの歴史などについても、アカデミックに学ぶことができます。

ただし、美術大学の入学試験は倍率が高くなりがちで、受験時点でそれなりのデッサン力が問われます。

試験対策のために美術系の予備校に通うなど、自主的に絵の練習などに取り組んでいないければ、なかなか入学するのは難しいかもしれません。

専門学校

イラストレーターを目指せるデザイン系の専門学校はたくさんあります。

しかし、イラストといっても「デジタルイラスト」「ゲームイラスト」「ファッションイラスト」といったように、活躍の分野ごとに細かく専攻・コースが分かれている学校もあります。

学校によって1年間、2年間など在学期間は異なりますが、専門学校の場合、より就職に力を置いたカリキュラムが組まれていることが多いです。

昼間制だけではなく、なかには社会人などを対象とする夜間の学校もあるため、働きながらイラストの勉強をすることも可能です。

各種スクール

専門学校以外に、民間のスクールや講座を利用してイラストの勉強をすることもできます。

スクールは単発の講座もあれば、数ヵ月~半年、あるいは1年など、ある程度の時間をかけて開講されるものもあります。

また、カリキュラムもデッサンの基礎を学ぶものから、業界に関する情報提供のセミナーなど講座によって異なります。

通学するのではなく、通信講座を利用してイラストを学ぶこともできます。

通信講座の場合、学ぶペースや勉強する時間や場所などを自分で決められたりするところはメリットですが、誰かに強制されない分、継続的に勉強するにはより強い意思が求められるでしょう。

仕事体験談