ホームヘルパーを目指す人へ (体験談)

私は、5年前にホームヘルパーの資格を取得して、グループホームの施設で5年間仕事をしていました。

その中で、自分なりに学んだことや気づいたことを、お話していきますので参考になれば幸いです。

介護職のむずかしさ

現在は、高齢化社会であり不況です。そのため、介護職の求人が増えています。

とくにホームヘルパー(介護職員初任者研修)は、養成講座を受講して、修了試験に合格すれば資格を取得できるので、比較的に介護職を目指す人は多いと思います。

これからの職業において、介護職はたいへん需要の多い仕事なのですが、私の知る限りでは、すぐ辞めていく人も少なくありません。

机上で勉強するのと、いざ仕事をするのではまったく違います。人の介護をするのは大変です。その意思を持って、ホームヘルパーを目指しましょう。

ホームヘルパーとしての自覚

ホームヘルパーとして「プロ」になって下さい。実技だけでなく、知識が豊富でなければなりません。

また、はっきり言って給料は低いです。ですから、介護職に就くなら「ボランティア精神」が必要です。

他にも、「時間に正確」「利用者の個人情報は言わない」「対人関係での協調」などは基本的に、欠かせない要素です。

私もホームヘルパーとして、仕事をしていくうえで多くの失敗をしてきました。その中で、言えることは「自分なりの目標」を立てて仕事に専念することです。

私のメッセージが、少しでも皆さんのお役に立てればば幸いです。

仕事体験談