ホームヘルパーになったきっかけ (体験談)

私が、ホームヘルパーになったきっかけについてお話していきたいと思います。これから、ホームヘルパーを目指すひとの参考になれば嬉しいかぎりです。

母の事故

10年ほど前に、母がバイクで車と事故を起こしました。かなりの重傷で6ヶ月ほど入院しました。

退院後も、不自由な生活になり、在宅訪問介護をお願いするようになったのです。それから、ホームヘルパーのお世話になることになりました。

母の介護

母の介護を、短時間だけのホームヘルパーに任せるわけにはいかず、私も介護の勉強をしなくてはならなくなりました。それがホームヘルパーを目指すきっかけです。

また、ホームヘルパー2級は研修講座を受講すれば資格を取得できるのも、ホームヘルパーになった大きな要因です。

比較的簡単に取得できる資格というのも私にとっては魅力的でした。

ホームヘルパーの資格で得をする

皆さんも、ご存じだと思いますが、今の日本は高齢化社会です。これから、ますます高齢の方が増えていきます。

まして就職難ですから、介護職に転職されるかたも多いでしょう。そんなとき、ホームヘルパーの資格はたいへん役にたつのではないでしょうか?

私は5年前に、ホームヘルパー2級の資格を取得して、グループホームに正規社員として働いていました。

やはり、就職の面接のときにホームヘルパーの資格は役にたちました。

ほかにも、ホームヘルパーの研修講座で講義を受けて、介護保険制度などの知識を得ました。これが、本当に助かったのです。

この知識を得て、母の体が不自由なために、介護保険を使い住宅の改修ができたのです。

こういった介護保険制度は、私がホームヘルパーを目指さなければわからなかったことです。

人それぞれ、ホームヘルパーになったきっかけは違いますが、私はホームヘルパーの資格を取得して本当に良かったと思っています。

こうした経験から、今からでもホームヘルパーの資格を、取得することをお勧めします。

仕事体験談