新人1年目のホームヘルパー

初めに講義を受ける

どこの訪問介護事業所でも、新人ホームヘルパーに、初めから1人で訪問介護サービスに突然入ってくださいということはありません。

また、事業所にもよりますが、全国展開しているような企業の訪問介護事業所では、入社時に、数時間の社員教育を受けてヘルパーとして働く準備をするところがあります。

それは、各訪問介護事業所のサービス提供責任者(主任ヘルパー)からの講義であったり、企業独自のビデオ視聴などいろいろあります。

先輩ヘルパーと「同行訪問」

ホームヘルパーの仕事は、施設で大勢の介護スタッフと一緒に働くのと違って、あくまでも1人で利用者のお宅に行って介護サービスを行うので、とても孤独な仕事な上、責任を大きく感じる人も多いです。

利用者の方によっては、1人の利用者の方に複数のホームヘルパーが交互にサービスを提供していることがあります。

その場合、介護サービスの内容が均一になるよう、先輩のホームヘルパーが新しく入ってきたホームヘルパーに、サービスの開始から終りまで逐一伝えるようにします。

このような、先輩ホームヘルパーについて教わるのは1回だけのこともあれば、2,3回など、回数は事業所の方針やホームヘルパーの希望や力量、または利用者の方へのサービスの内容などによって違いはあります。

この初回のサービスを、「同行訪問」といいます。そして、同行訪問が終わり、いよいよ初めての訪問介護サービスを受け持つこととなるのです。

初めての訪問介護サービスは緊張の連続

新人のホームヘルパーにとって、初めての訪問介護サービスは緊張の連続のようで、わずか1時間ほどのサービス時間でも、数時間かかったように感じたという人もいます。

ベテランのホームヘルパーは、1時間のサービス時間の中で、たとえば、掃除をしながら調理の準備をして、その間に利用者の方の健康状態を観察するといったように、手際よくこなすことができます。

この辺は、新人ホームヘルパーには難しいところで、慣れるまでかなり時間がかかる人が多いです。

しかし、新人といえどもホームヘルパーとなった以上、「もし利用者の方の身体状態に急変が起きたら」といった心の準備を常にしておき、いざというときに冷静な判断と行動ができることが求められます。

また、新人ホームヘルパーが難しいと感じることの1つに、利用者の方との信頼関係作りがあります。

どのように利用者の方とコミュニケーションを図ればよいか、サービス提供していく中ではとても重要なのですが、これも経験を積んで学んでいくことが必要となります。

仕事体験談