グラフィックデザイナーとイラストレーターの違い

本来はまったく違う職種

グラフィックデザイナーはIllustratorというグラフィックソフトをメインで使用するため混同されやすい部分もありますが、本来、グラフィックデザイナーとイラストレーターはまったく異なる職種です。

イラストレーターの仕事

グラフィックデザイナーの仕事

雑誌や新聞の広告、カタログやDMといったプロモーションツールなど主に平面のメディアにおいて、デザインで情報やメッセージを伝えるのがグラフィックデザイナーの仕事です。

デザインの考案、レイアウト、編集、入稿データの制作までを担当し、中には企画からかかわる人もいます。

IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトをエキスパートレベルで使いこなすスキルと高いデザイン能力を必要とする職業です。

イラストレーターの仕事

芸術家として作品を作る画家とは一線を画し、商業イラストを描くことを生業としている人をイラストレーターと呼びます。

出版物の表紙や挿絵、広告やプロモーションツールなどにイラスト作品を提供するのが主な仕事です。

絵本の場合は文章とイラストの両方を手がける人は絵本作家と呼ばれますが、分業の場合は文章を書く人を絵本作家、イラストを提供する人をイラストレーターと呼ぶこともあります。

イラストを制作する手法は水彩、パステル、コンピューターグラフィックなど、人によってさまざまです。

いずれの場合も商品を売ったり、情報を伝えたりするためにイラストの制作を依頼されるのですから、オリジナリティやセンスに加え、コンセプトやメディアに合った描き方ができる技術を求められます。

近年はボーダーラインがあいまいに

本来はこのように明確な立て分けがある両者ですが、近年はスポンサー側の宣伝広告費削減により、外注のイラストレーターを使わずにグラフィックデザイナーがイラストまで手がけるケースが増えてきました。

またイラストレーターの方もイラストだけでは生計が立たないため、グラフィックデザインの仕事も受注することがあります。

どちらのスキルも持ち合わせている人が多いため、このようにボーダーラインがあいまいになってきているようです。

仕事体験談