言語聴覚士の勤務時間・休日

規則正しいサイクルで働きやすい

言語聴覚士は病院や福祉施設などさまざまな場所で活躍していますが、どの場所においても、ものすごい激務になることはさほど多くないようです。

リハビリテーションに関わる職業柄、急患の対応ということはほとんどないため、しっかりと定期的に休みを取りやすく、仕事の量も1日でさばける量であることが多いです。

大きな病院などになってくると残業が発生することもありますが、それでも休みを確実に取れるというのは大きく、長期的に仕事をしていくには重要な要素になっていきます。

職場にもよりますが、勤務時間はだいたい8:30〜18:00くらいの間で設定されており、1日の実働は7.5時間〜8時間程度です。

非常に長い労働時間を体験することはなく、残業があったとしても夜遅くまで仕事をするケースはそれほどありません。

また、夜勤も基本的にない仕事であるため、規則正しい生活リズムにしやすい仕事だといえるでしょう。

慣れないうちであると仕事をこなすのに苦労を感じるかもしれませんが、それはどの職業でも同じだといえます。自分が成長することで、効率的に仕事を終わらせられるようになるでしょう。

平日が休みになり、土日に出勤することも

言語聴覚士の休日は、職場によって異なります。土日が休みになっている職場もあれば、平日が休みになり、その代わり土日に出勤ということもあります。

また、日曜のみ定休で、平日1日休みというパターンも多いです。

どのケースでも、休日の日数はほとんど変わりませんが、職場によっては「週休1日」というところもあるため、休日が気になる人は事前にチェックしておくとよいでしょう。

言語聴覚士として働いていて、急に休日がなくなるということや、逆に急に休日ができるということはあまりないようです。定期的に、計画的に休みを消化していくことができます。

ただ、土日出勤になっていくと、一般的な「週休2日制」で働く会社員とは生活のスタイルが違ってくるため、友達などと外出する機会が減ってしまう場合もあります。

プライベートを重視する場合は、そのあたりもよく検討しておいたほうがいいかもしれません。

仕事体験談