ファッションデザイナーの仕事内容

市場動向を読み、服をデザインする

ファッションデザイナーの仕事は、主に洋服や靴、バッグなどをデザインすることです。

服飾品のデザインを生み出し、そこからヒット商品を生み出すのがファッションデザイナーの仕事です。

とかくアーティストのように扱われる職業ですが、実際には市場の動向を正確にとらえ、多くの人が求めているファッション提案をすることが売れっ子デザイナーに必須の能力です。

服づくりは、どんな服が流行するかのマーケティングをすることから始まります。

マーケティングした情報をもとに、色や素材を考慮したデザイン画を作成します。

その後、バターンの作成、裁断、縫製と進み、完成に近づいていきます。

企業デザイナーとオートクチュールデザイナー

アパレルメーカーなどの企業内のデザイナーとオートクチュールのデザイナーとでは、仕事の内容が若干変わります。

企業デザイナーは、大量生産される服のデザインが中心です。

オートクチュールのデザイナーと比べて業務が細分化されており、マーケティング担当からの指示をもとにデザイン画を作成し、後の工程に渡します。

パターンはパタンナー、縫製は縫製者などそれぞれが分担して服を仕上げます。

パタンナーの仕事

オートクチュールデザイナーは、顧客の注文に応じてデザインをします。

1品1品つくるため、デザイナーによっては、作業を分担せずに縫製まで自分で作業をする人もいます。

主な就職先はアパレルメーカー

有名なファッションデザイナーの大半は自分でブランドを立ち上げて成功した人たちですが、それはごく一部です。

ほとんどのファッションデザイナーはアパレルメーカーや繊維メーカーなどに勤務して、その会社の製品づくりを担っています。

着る人に合わせてオーダーメイドで服づくりをすることを「クチュール」、大量生産される既製品のことを「アパレル」といいますが、現在活躍しているファッションデザイナーの大半は後者のアパレル生産に関わる仕事をしています。

一般的な「ファッションデザイナー」のイメージとは異なるかもしれませんが、多くのファッションデザイナーは企業内で会社員や契約社員として働いているのです。

独立すればフリーでの仕事も可能

ファッションデザイナーに求められる能力は、いかに独創的で多くの人に受け入れられるデザインを作ることができるかという点にあります。

コンクールなどで実績を上げたり、ヒット商品を生み出せるファッションデザイナーは引く手あまたで、独立してフリーで活躍しても売れっ子です。

オートクチュールのデザイナーとなったり、自身のブランドを立ち上げて一大デザイナーになっていく人もいるので、ファッションセンスと流行を読む力、そして表現する力があれば実力次第でどんどん出世していくことができる職業です。

その一方で、なかなかヒット商品を生み出せない人はデザイナーとしての能力を評価されず、ある時点でキャリアが止まってしまうこともあります。

世界的な人物になれる職業

シャネル、ジョルジオ・アルマーニ、イッセイ・ミヤケ…これらはファッションブランドの名前ですが、それと同時に人名でもあります。

そう、これらのブランドを立ち上げて一流にのし上げたファッションデザイナー本人の名前です。

先ほど挙げた人たち以外にも、世界的なファッションデザイナーはたくさんいます。

こうした人たちは持ち前のセンスや独創的なアイディアが多くの人に受け入れられたことによって、一流になりました。

最初は下積みからのスタートとなるのはファッションデザイナーも同じですが、そこからどんどん頭角を現して大きな仕事をするようになれば可能性はとても広く、世界的に有名な人物になることができるのは、ファッションデザイナーの大きな魅力です。

厳しい時代に生き残るために

昔の日本人は呉服店で着物を作ったり百貨店で洋服を買ったりすることが多く、ひとつの衣料品を手直ししながら長年大切に着ることが当たり前の文化とされていました。

しかし、近年では「ファストファッション」という言葉が生まれ、低価格の衣料品を短いサイクルでどんどん買い替えて最新の流行を追うという消費者が少なくありません。

総務省が行った調査によると、1世帯が1年間に使った被服及び履物の支出金額は2001年から2010年の10年間にわたって減り続けています。

とにかく安い服をどんどん買い替える、という時代に変わりつつあるのです。

オートクチュールのデザイナーをめざす人、あるいはアパレルの中でも高価格帯のブランドでのデザイナーをめざす人にとっては、厳しい時代ともいえるでしょう。

こうした環境の中で生き残るために、誰にも真似できない独創的なデザインや新たな流行を生みだすことができる斬新なデザインを今まで以上に追求していく姿勢が重要になります。