電気工事士の現状と将来性

電気工事のニーズが拡大中

現代社会において、電気は水道やガスと同様、人々の快適な生活に欠かせないものとなっています。

パソコンやスマートフォンの普及などIT業界の発達によるエネルギー需要の増加、さらには太陽光発電や電気自動車の登場による新たな電気の需要も出てきており、電気に関わる産業の未来は明るいと見られています。

ほとんどの電気工事は国家資格を持った電気工事士にしかできませんし、電気そのものがなくならない限り、電気工事士の仕事が急激に減るということも考えにくいです。

また、一般住宅についてもオール電化の家庭が増えてきていることから、大小さまざまな仕事が電気工事士の下に舞い込む状況はしばらく続いていくでしょう。

人材不足ともいわれる仕事

他の産業の仕事と同様、少子化にともない電気工事士も職人の高齢化が進んでおり、一刻も早い若手の育成が課題となっています。

すでに会社によっては少ない人数で現場を回すことを余儀なくされ、長時間労働や休日出勤など、過酷な環境で働かざるを得ない人もいるようです。

電気工事士は独立・開業もできる仕事ですが、いざ会社を立ち上げても人が足りず、結局廃業に追い込まれるといった事例も出ています。

大勢の電気工事士を抱えている大手企業は安定していても、その他の多くの中小企業は人材確保の面も含めて、競争がますます厳しくなるかもしれません。

一人前になるまでには時間がかかる

電気工事士は、とにかくスキルある人が重宝される仕事です。

有資格者であること、そして現場経験が豊富であること。ベテランといわれる存在になれば、好待遇の職場で働くことができる可能性は一気に高まります。

また、電気工事士以外の設備工事関連の資格を取得したり、施工管理など責任者としての役割も果たせるようになれば、よりいっそう仕事の幅は広がります。

しかし、いくら電気工事士の需要が高まっており将来性がある仕事だといっても、技術職である以上、一朝一夕で一人前としてやっていけない仕事であることは理解しておかなくてはなりません。

新人のうちは給料も安くなりがちで、上下関係の厳しい中で過ごす時間も多くあります。

このような厳しさも乗り越えることができれば、あとは自分の熱意次第で実力を大きく発揮できるでしょう。

仕事体験談