CADオペレーターの資格

スキルを証明する材料のひとつに

CADオペレーターとして働くには、CADを操作できることが大前提です。

国家資格は存在しないため、「資格がなければ仕事ができない」というわけではありません。

実際、就職面接の場でも取得した資格をずらりと並べるより、実務経験や技術のほうが評価ポイントになることが多いようです。

とはいえ、未経験でCADオペレーターを目指す人には当然「経験」がありません。

その場合、まずはCADの勉強をして資格を取得することが、意欲や一定のスキルを有することの証明につながるでしょう。

代表的な資格

CADオペレーター関連の民間資格はいくつか存在しますが、代表的なのが「一般社団法人 コンピュータ教育振興協会」が主催する「CAD利用技術者試験」です。

これには「3次元CAD利用技術者試験」「2次元CAD利用技術者試験」「2次元CAD利用技術者試験基礎」の3種類があり、それぞれレベル別に分かれています。

上級のレベルになると筆記試験に加えて実技試験も行われるため、実務でも使える基礎的な技術があることを示せるでしょう。

とくに3次元CADが使えるようになると、広告デザイン系の仕事にも携われるようになるなど、仕事の幅は大きく広がります。

一般社団法人 コンピュータ教育振興協会ホームページ

資格は必要?

先述の通り、CADオペレーターにとって、資格は必須ではありません。

CADオペレーターは、建築業を中心にさまざまな業界で必要とされている職業であるため、採用募集要項で「資格不問」とし、入社後にしっかりとした研修を用意している企業も少なくないようです。

ただし、経験者が優遇されやすいことは確かです。

大手企業や待遇のよい企業への就・転職を目指したいのであれば、少しでもライバルに差をつけるために資格を持っておくに越したことはないでしょう。

お金や時間に余裕があるならば、実務に生かせる勉強と資格取得に向けて、学校やスクールに通うことも検討してみるとよいでしょう。