CADオペレーターになるには

多様な業界で活躍できる仕事

現在、「CAD」は多種多様な業界で使われており、CADオペレーターの活躍の場も、建設会社や機械や電気メーカー、自動車メーカーの設計部門、アパレル会社のデザイン部門など多岐にわたります。

そのため、一般的には学校を卒業してからこれらの企業に就職することが、CADオペレーターとしてのキャリアの第一歩となります。

CADオペレーターを必要とする企業は多いのですが、たとえば建築系の企業とアパレルメーカーでは、携わる「ものづくり」の内容が大きく異なります。

まずは自分がどのような業界で働きたいのかを考えて、就職先を選ぶ必要があるといえます。

学歴について

CADオペレーターとして活躍する人の学歴はまちまちです。

高校卒業後、建築・機械関連の専門学校でCADの扱い方を学んだのちに就職する人や、大学を出て設計事務所に勤務し、業務をこなしながらCADのスキルを磨く人もいます。

全体として、CADオペレーターの採用では「学歴不問」としている企業が多いようです。

大卒でなければ就職が難しいということはありませんし、国家資格も存在しないため、熱意さえあればまったくCADの勉強をしたことがなくても働ける職場はあります。

ただし、実務をこなしていくには専門知識や技術が必要とされる仕事であることから、未経験でこの仕事をスタートする場合、基礎的なスキルだけは身につけておくと就職に有利になるでしょう。

近年は、CAD技術が学べる民間の学校やスクールに通って勉強し、就職を目指す人が増えているようです。

また「CAD利用技術者」といったCADの関連資格をとっていると、基礎的なスキルを有していることと、やる気をアピールしやすいでしょう。

アルバイトからスタートする道も

CADオペレーターは、全体的に派遣社員として活躍する人が多いようです。

しかし、より良い待遇を望むのであれば、やはり正社員を目指すのがベターといえるでしょう。

CADオペレーターの仕事は専門技術を要するため、新卒を採用する一部の大手企業以外、正社員の採用は「即戦力になる人のみ」としている企業が多いようです。

そこで、まずは未経験者をアルバイトとして採用してくれる会社で実務経験を積み、スキルに自信がついてきたところで正社員として転職を目指す方法も考えられます。

しかし、企業によってはアルバイトに対してごく一部の単純な作業しか任せなかったり、雑用係のように扱う場合もあるようです。

確かな技術を身につけてキャリアアップを望む場合は、慎重に勤務先を選ぶ必要があります。

活躍の場を広げるためには、CADを扱えることはもちろん、業界の知識やプラスアルファのスキル(事務処理能力、コミュニケーションスキルなど)を身につけていき、日々スキルアップに努めることが必要となってきます。