独学でCADオペレーターになれる?

必ずしも学校に通わなくてもOK

CADオペレーターは、専門的なスキルが求められる仕事ですが、それは独学で身につけることも不可能ではありません。

CADオペレーターには国家資格が存在せず、特定の学校に通わなくては就けないという職業でもないため、さまざまな道のりでCADオペレーターになることができます。

CADを学べる専門学校やスクールは全国に数多くありますが、それらに通えば当然学費がかかりますし、卒業までに決まった期間を要します。

独学を続けるには強い意志が必要ですが、効率的に学び、いち早く就職を果たしてCADオペレーターとして現場で活躍することを目指してもよいでしょう。

独学の方法

CADを独学でマスターするのであれば、最低限、以下のものは揃えておくとよいでしょう。

・パソコンとマウス
・CADのソフト
・市販の関連書籍(テキスト)

パソコンについては、ノート型でもデスクトップ型でも問題ありませんが、頻繁にマウスを使用することになるため、マウスについては手になじんで使いやすいと感じるものを選ぶとよいでしょう。

CADのソフトはフリーソフトでも十分に勉強できます。

「JW-CAD」など、プロでも使用する定番のフリーソフトであれば、ネット上などで使い方の情報を調べることも簡単です。

なお、CADについて扱った市販の書籍はたくさんあります。

未経験者や初心者を対象とした入門レベルのテキストもあるため、それを用いると勉強しやすいはずです。

独学でCADスキルを習得するメリット

独学の最大のメリットは、自分のペースで自由に勉強ができるところだといえるでしょう。

もし他の仕事をしながらCADスキルを身につけて転職したいのであれば、独学は時間の制約を受けないためうってつけです。

しかし、独学だと「今度の休みに勉強すればいいや」とつい先延ばしになりがちで、なかなか勉強が進まない場合があります。

スケジュールをしっかりと立てて勉強をしたり、資格取得に向けて学ぶなど目標を立てていくと、独学でも勉強を続けやすくなるはずです。