美容師の仕事内容

ヘアスタイルを整え、お客さまを美しくする

美容師の仕事は、おもに美容室において、お客さまの髪の毛のカット、カラー、セット、シャンプーブロー、パーマなどの施術をし、美しく整えることです。

美容室といっても店舗ごとに特徴があり、たとえばトータルビューティーを売りにしているお店では、ハンドマッサージやネイル、エステ、まつげエクステ、ヘッドスパといった特殊なメニューも用意しています。

しかし、多くの美容室ではあくまでもヘアスタイルに関するサービスを中心に提供しており、ネイルなら専門のネイリスト、エステであればエステティシャンといわれる人が、プラスアルファの施術を担当する形をとっています。

施術内容はさまざま

美容師が提供する施術はさまざまなものがありますが、代表的なものは以下の通りです。

カウンセリング

お客さまが来店されると、まずはカウンセリングを行います。

どんな髪型にしたいのか要望をしっかりと聞き、希望の髪形をイメージします。シャンプーをする前に、どのように髪が生えているのか、どんなスタイリングを普段はしているのかなどのチェックも行います。

シャンプー・ブロー

お客さまにとって気持ちのいいシャンプーをするためには、かなりの練習が必要です。新人美容師は、入店後、しばらくシャンプーの技術を学ぶことになります。

カット

全体のバランスを見ながらカットを行います。乾かしたときにもまとまりがあるようにカットすることが大切です。また、髪が伸びてもバランスを保てているカットが良いカットといわれています。

カラーリング

お客さまの要望によりカラーを塗っていきます。カラーの専門家である「カラーリスト」という職種もあります。

パーマ

店舗によってさまざまなパーマがあり、知識が必要です。パーマのかかり具合など、満足いかないとやり直しとなってしまうため、慎重な対応が必要です。

セット

ひと通りの施術が終わったら、セットを行います。お客さまが自宅で一人でもできるようにセットの仕方もお伝えします。

結婚式などのイベント時には、セットのみのために来店するお客さまもいます。

ネイル

「トータルビューティー」を掲げる美容室が増え、ネイルの技術を身につける美容師が増えています。

着付け

成人式のときなど、着付けの技術があると重宝されます。着付けができる人に対して、手当が出る美容室もあります。

技術力やランクによって仕事内容は異なる

「美容師」とひと括りにしても、個々のキャリアや職位によってメインとする仕事内容も変わってきます。

見習/アシスタント

新人美容師、歴が浅い美容師は、営業内での店舗の掃除や、スタイリストへのヘルプ、買い出しなど、雑務をメインとして働きます。

スタイリスト

お客さまの施術を一通り担当するほか、アシスタントの教育、材料管理など、お店の核となる重要な仕事を任されます。

店長/エリアマネージャー

施術のほか、店舗の売上げ管理や新規事業の企画・提案、スタッフ管理、メニュー考案、イベント制作など、店舗経営に携わる仕事を行います。

役員/オーナー

人事決定、資金調達、その他の会社や金融機関などと接する機会が増え、会社の存続に関わるような仕事をメインで行います。

仕事の量

入店後は、まずスタイリストになること、その後は店長などを目指し、日々働くことになるでしょう。

店長などの管理職であっても、サロンワークは欠かさず行っています。キャリアアップすればするほど仕事量と責任は増えていく一方で、出世している人ほどハードな日々を送ることになりがちです。

サロンワーク以外での仕事

人との関わり合いがメインとなる美容業は、技術以外の基本的な人間同士のコミュニケーション能力も大変重要です。

そのため、定休日を使って「接客・マナー」などの講習を実施するサロンも少なくありません。

職位に関係なく、すべての美容師は技術レベルだけではなく、日々アンテナを張り巡らせて人間性を向上させるよう努力することも求められます。

美容師の活躍の場

美容師の仕事の場は美容室だけではありません。結婚式場やテレビ局、雑誌の撮影やファッションショーなどさまざまな場所で美容師が活躍しています。

また、美容師のスキルを活かして、女優やモデルなどにメイクを施すメイクアップアーティストに転身する人もいます。

メイクアップアーティストの仕事

仕事体験談