社会福祉士の求人・就職の状況・就職先選びのポイント

社会福祉士の就職先にはどんなところがある?

社会福祉士は、さまざまな福祉サービスを手掛けることのできる職業ですので、その就職先も、複数の業界にまたがり、多岐にわたっています。

介護業界の就職先としては、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、グループホームといった入所形式の施設や、デイサービスセンターや訪問看護ステーションといった通所形式・訪問形式の施設があります。

福祉業界の就職先としては、高齢者を対象とする地域包括支援センターや、身体障がい者福祉センターなどの障がい者福祉施設、児童相談所などの児童福祉施設などが代表的です。

このほか、医療施設で「医療ソーシャルワーカー」として働く人や、福祉事務所で「ケースワーカー」として働く人、学校で「スクールソーシャルワーカー」として働く人もいます。

また、市役所の福祉課や生活課など、公務員として行政に携わることのできる職場もありますし、地域の組織を統括する社会福祉協議会という就職先もあります。

社会福祉士の就職先の種類・活躍の場

社会福祉士の求人の状況

現代の日本では、数多くの社会問題が山積しており、介護、障がい、貧困、虐待、DVなど、なんらかの理由で福祉の手助けを必要とする人が増えています。

このため、社会福祉士は、社会全体のいたることから求められるようになっており、さまざまな施設から広く求人があります。

なかでも、高齢者人口の増加に伴って、介護業界からの需要はきわめて旺盛であり、近年はずっと売り手市場が継続しています。

社会福祉士の資格があれば、努力次第で、自身の希望や信念に沿った就職先を選ぶことができますし、少なくとも、働き口を見つけるのに苦労するということはないでしょう。

ただし、社会福祉士の求人において注意しておきたいのは、介護業界の場合、「介護職」として一括りで採用されることも珍しくないという点です。

将来的には、施設長などの管理職にステップアップしていくことも可能ですが、新人や若手のうちは、食事や入浴などの介助業務も行わなければならず、相談業務だけに専念できないケースもよく見られます。

もしも最初から相談対応業務だけを手掛けたいなら、求人情報を事前に確認し、就職先をよく見定める必要があるでしょう。

社会福祉士の就職先の選び方

支援対象で選ぶ

一口に社会福祉士といっても、施設によって仕事内容は大きく異なりますので、就職先を選ぶ際は、まずどのような人を対象に、どのような福祉サービスを手掛けたいかを考えるべきです。

高齢者を助けたいなら高齢者福祉施設や介護施設が候補となりますし、障がい者を助けたいなら障がい者施設が、子どもを助けたいなら児童福祉施設が、貧困者なら福祉事務所が、それぞれ選択肢となります。

それ以外にも、母子家庭を支援する施設や、DV被害者、外国人労働者、無戸籍者を支援する組織もあります。

また、特定の人を対象とするのではなく、広く地域全体を支援したいなら、市役所などの行政機関や、各地域にある組織を統括する社会福祉協議会で働くという道も考えられます。

需要で選ぶ

世の中の需要の高さで選ぶなら、介護施設に就職することがおすすめです。

需要が高いということは、それだけ多くの人から求められ、多くの人を支援できるということであり、「人の役に立つ」という福祉職の本分を全うできる就職先といえます。

また、売り手市場であるために、待遇や勤務地、勤務時間などの雇用条件の選択肢も豊富ですので、自分の希望や生活スタイルに合致した就職先を見つけやすいでしょう。

とくに、結婚や出産、育児など、ライフイベントによって生活環境が変わりやすい女性の場合、転職しやすい・復職しやすいというメリットは大きいかもしれません。

さらに、将来的に独立開業を志している人の場合、介護業界は最もマーケットが広いぶん、ビジネスチャンスも見つけやすいといえますし、経験を積むことで、独立が成功する可能性も高まるでしょう。

安定性で選ぶ

自身の生活を安定させて働きたいなら、市役所や福祉事務所などで働く公務員になる道が考えられます。

民間の施設と比べて、公務員の給料がそこまで高いわけではありませんが、住宅手当や通勤手当などの福利厚生面が充実しているぶん、経済的にはゆとりが生まれやすいでしょう。

公務員という保証された身分が得られ、問題を起こしたり、自分から辞めたりしない限り、定年退職まで働き続けられる点も大きな魅力です。

ただ、社会福祉士国家試験に加え、公務員試験の勉強もこなさなければなりませんし、どこの自治体でも福祉職の募集は人数が限られているため、競争倍率は高くなりがちです。

公務員を目指すなら、ほかの就職先より多大な努力が必要になることは間違いなく、勉強漬けの毎日を送ることを覚悟するべきです。

なお、社会福祉協議会も、公務員になれるわけではありませんが、公務員に準じた待遇が得られますので、安定性を重視する人にとってはおすすめの就職先といえます。

社会福祉士の志望動機・面接

上述したように、社会福祉士には多様な就職先があり、支援対象も業務内容も大きく異なります。

そのため、志望動機を作成する際は、福祉のなかのどの分野に関心があり、どのような人を相手に支援したいのかを最初に明確にするべきです。

過去の体験などを踏まえつつ、現在の考えを抱くようになった経緯を述べると、説得力のある志望動機となるでしょう。

面接試験においては、社会福祉士になりたいという熱意が本物かどうか、また社会福祉士にふさわしい誠実な人格を備えているかどうかを見極めるため、さまざまな角度から根掘り葉掘り質問がなされます。

面接に慣れないうちは、どうしても緊張してしまいますので、本来の自分らしさが発揮できなかったり、質問の答えに矛盾が生じてしまうこともあるかもしれません。

想定問答集を作ったり、家族や友人に頼んで模擬面接を何度も繰り返したりして、入念に準備してから本番に臨むようにしましょう。

社会福祉士の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

社会福祉士になるための大学や養成施設などでは、学校に寄せられる求人情報を提供したり、就職説明会を開催したりして、在校生・卒業生の就職支援を積極的に行っています。

そのなかから自分の希望に合った先を選び、必要に応じて施設見学を行ったりして、就職試験にエントリーする流れが一般的です。

また、インターネットの求人サイトや求人情報誌、ハローワークなどでも、社会福祉士の求人情報は比較的簡単に見つけることができます。

公務員の採用情報については、学校から案内されるケースもありますが、各自治体のホームページや公務員試験をまとめている情報サイトなどを利用して、自分でチェックすることも可能です。

民間企業とは違い、公務員試験は自治体ごとにエントリーできる期間が定まっているうえ、基本的に年1回しかチャンスがありません。

さらに、社会福祉士の公務員採用は、一般行政職として一括りで募集する自治体もあれば、福祉職として別枠で募集する自治体もありますので、求人情報はできる限り早く、かつ入念にチェックすることが大切です。

社会福祉士の求人は介護専門の求人サイトでまとめて確認できます。

きらケア正社員紹介は社会福祉士の非公開求人が多く、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪の月収28万〜33万を見込める高待遇求人を紹介してもらうことができます。