映像制作社員の給料・年収

企業の規模によって大きな差

大手の映像制作会社

映像制作会社で働く社員の給料や年収に関する統計はありませんが、一般的に、就職する企業や雇用形態によって大きな差があるといわれています。

映像制作会社への発注を行うテレビ局や広告代理店の関連会社として設立された企業であれば、経営は安定しており、給料も比較的良い傾向があります。

テレビ局や映画会社のコンテンツ、有名企業のCMやPR動画などを作っている大手制作会社の社員であれば、比較的待遇もよく、それなりにキャリアを積めば、年収600〜700万円くらいにはなるようです。

さらに手掛けた作品がヒットし、業界で認められるようになれば、それ以上の報酬を得ることもできます。

中小の映像制作会社

その一方で、これといった後ろ盾のない中小企業の場合、業務量が安定しないことや、経費削減の余波を受けて人件費を削らざるを得ないということもあり、時給1000円ほどの非正規雇用で働くことも珍しくあります。

不規則な生活やハードな業務内容だけではなく、給料の安さに耐えかねて短期で離職する人もいるようです。

正社員になれたとしても、年収200~300万円ほどというのは決して珍しくありません。

テレビ番組やコマーシャルを作る仕事ということで華やかなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際には厳しい現実が待っていることもあるのです。

就職の際には企業の規模や経営状況、社員の待遇についてしっかりと確認をする必要があります。

初任給は?

映像の仕事は、まず各職種のアシスタントから始まるため、新卒者や未経験の中途採用者は、月給20万円前後からのスタートとなります。

1日も早く仕事を覚え、地道に実績を作っていくことが、年収アップにつながるといえるでしょう。

フリーランスになる道も

映像制作会社の正社員としてキャリアを積んだあとに、フリーランスとして独立する人もいます。

制作会社を退職する際の周囲との信頼関係の築き方によっては、社員としての雇用契約を解消した後に、そのまま業務委託契約を結んで今までと同じ業務を引き受けるケースもあります。

フリーランスになるメリットとしては、仕事を選ぶことができるようになることと、収入がアップする可能性があることが挙げられるでしょう。

本人の実力や実績によってはフリーランスになることで成功を収めることもありますが、仕事がなくなってしまうと一気に生活が苦しくなるので、リスクも承知した上での転身が大切です。