映像制作会社社員の仕事内容

映像を作るクリエイティブな仕事

テレビ番組や映画、コマーシャルなど、さまざまな映像を制作するのが映像制作会社の社員の仕事です。

企業の規模によって採用する職種は異なりますが、一般的には、映像の企画や全体構成を考えるディレクター、編集を担当する編集マン、撮影を担当するカメラマン、照明専門のライトマンがいます。

また、映像の内容によってはシナリオを担当するシナリオライターやCGを手がける映像クリエイターが在籍していることもあります。

もちろん、営業や経理などを担当する事務職の社員もいるので、クリエイティブな仕事をしたい人だけが就職する会社というわけではありません。

映像制作会社の職種

映像制作会社にもよりますが、プロデューサー、ディレクター、カメラマンがといった制作・技術部はもちろん、他企業と同じように、営業部や総務部などのセクションもあり、新入社員・中途採用者は希望する部署に所属することになります。

映像会社の主な企画・制作・技術系職種

・プロデューサー
テレビ番組やCM制作のための企画立案をはじめ、出演者との交渉、スポンサーの手配、予算管理などを担当。

・ディレクター
プロデューサーやクライアントの意向に沿うように、現場で番組制作・演出を行う。

・制作デスク
制作に携わる各関係者への連絡や段取りなどを担当。

構成作家放送作家
番組や映像の構成や流れを台本化にする。

脚本家
ドラマの台本を書く(外部への依頼が多いが、ドラマを制作している会社には、専属の脚本家もいる)

・音声
スタジオやロケ地で各種録音機器を使い、撮影時の録音を行う。録音した音声はミキサーで一定の音レベルにそろえる。

・カメラマン
スタジオやロケの現場で撮影を行う。現場の状況に応じた撮影技術はもちろん、企画の趣旨に合ったカメラワークや見せ方を考えなればならないため、技術以外にセンスも求められる。

・音響オペレーター
スタジオで音声の調整やマイクのセットを行い、またBGM(音楽選択をすることも)や効果音を流すこともある。

・MAミキサー
ロケやスタジオで撮影、編集した映像にナレーションや効果音、SE、BGMなどをつける仕事。観客の笑い声を足すなど、音声の調整・修正も行う。

・照明オペレーター
クライアントやディレクター意図に合うよう、ロケ現場やスタジオで照明機材を使い、さまざまな光を供給する。

・スイッチャ—
生放送などで複数のカメラから送られてくる映像をスイッチングする。また、放送中のトラブルにも対応する。

・映像編集
スタジオやロケで収録した映像にテロップを入れる、複数台のカメラで撮影した映像をつなぐなどの作業を行い、1本にまとめていく仕事。クライアントやディレクターの意向や要望を汲み取り、それを形にしていくセンスも必要。

会社によっては、さらに仕事が細分化されているケース、この他の職種を設けているところもあります。

また、特に大手の制作会社だと、別業界と同じように営業部、経理部をはじめ、人事部・宣伝部・法務部といった部署も存在します。

さまざまなコンテンツを制作

映像制作会社に映像の制作を発注するのは、テレビ番組を放送しているテレビ局やコマーシャルを手がけている広告代理店がメインとなります。

この他にもゲームやスマートフォン向けのアプリを制作しているコンテンツ会社やミュージックビデオの企画を行う企業などがあります。

近年ではインターネットの台頭やスマートフォン・タブレットの普及によって、新しい映像コンテンツは日々増え続けています。

テレビの大画面化や高性能化によって今まで以上に鮮明で美しい映像が求められていることもあり、まだまだ新規事業が伸びる可能性がある業界といわれています。

映像制作会社によって得意としている分野や力を入れている映像作品が異なるので、自分の担当したい仕事を手がけている会社を選んで就職することが大切です。

チームプレイで映像を完成

それでは、テレビ局からの業務委託を受けてテレビ番組の制作を担当している映像制作会社社員の仕事の流れを見てみましょう。

まず、企画のコンセプトや予算、制作スケジュールに関して、発注元であるテレビ局の担当者から説明を受けます。

それをもとにしてディレクター具体的な構成や段取りを考え、撮影を担当するカメラマンや照明を演出するライトマンに業務を割り振り、実際の撮影を行います。

そこで撮影した映像を、編集のプロフェッショナルである編集マンに引き渡し、編集機を駆使して映像作品を仕上げていきます。

完成した映像をクライアントに試写してもらい、OKが出れば業務は完了です。

実際にはここですんなりOKが出ることは少なく、納品前には修正の作業に追われることが多いようです。

忙しいときには深夜残業や休日出勤も多く、ハードな仕事といえるでしょう。