映像制作会社の志望動機、面接

映像業界への憧れをアピール

映像制作業は、クリエイティブな仕事ができるという魅力があることから、若い世代から人気を集めている職業のひとつです。

また、近年ではスマートフォンやタブレットで日常的に動画サイトを閲覧している人も多いですし、市販のビデオカメラやパソコンを使って動画編集を楽しむ人も増えています。

こうしたことをきっかけに、映像制作の仕事に興味を持つ人もいるのではないでしょうか。

しかし、映像業界は仕事のハードさや不規則さでもよく知られており、いわゆる下請けと呼ばれる規模の小さい映像制作会社の中には休日の確保が難しかったりなかなか正社員になれなかったりするケースも珍しくはありません。

離職率の高い業界でもあるので、就職活動の面接の際にはこの業界への熱意や理解をしっかり伝えることが大切です。

業界をめざしたきっかけを語る

それでは、映像制作の仕事への志望動機を述べる際には、どのようなアピールをするとよいのでしょうか。

「子どもの頃からテレビ番組を見ることが大好きで、いつか自分も制作側に回りたいと思っていた」とか「大学で映画サークルに所属しており、ショートフィルムの自主制作をしたことをきっかけに映像制作の仕事に強い憧れを抱くようになった」というように、この業界を志すことになった具体的なきっかけがあればそのことについて語りましょう。

絵画や音楽など、映像制作の仕事に生かせるような趣味や特技がある人は、それをアピールするのもよいのではないでしょうか。

好きな映像作品について語る

映像制作会社の面接試験では、自分が一番好きな映像作品について尋ねられることもあります。

誰もが知っている有名作ではなくても構わないので、印象に残っているコマーシャルやミュージックビデオなどについて、その魅力やどうしてそこに惹かれたのかを語れるようにしておきましょう。

好きな作品を語ることは自分の価値観やセンスを知ってもらうことにつながるので、事前にしっかり考えをまとめておくことが大切です。