映像制作会社社員の勤務時間・休日・残業は多い?

映像制作会社社員の勤務時間

映像制作会社で働く人の勤務スケジュールは、職種によって異なります。

営業や経理などの事務職の場合は、一般的なサラリーマンと同じように朝8時半頃から19時までの定時で働けることが多いようです。

その一方で、企画や編集、撮影などのクリエイティブな仕事に携わる人は、不規則な勤務になることが多くなります。

たとえば、広告代理店からの依頼でテレビコマーシャルを制作中のディレクターの場合。

打ち合わせや撮影の予定に合わせて早朝から出勤することもありますし、区切りのよいところまで作業をするために徹夜することもあります。

労働環境が悪化しないように配慮している企業も多いとはいえ、納期間近になればなかなか難しいのがこの業界の現実です。

映像制作会社社員の休日

映像制作会社の休日は土日や祝日になることが多いですが、仕事によっては平日休みになることもあります。

クライアントの試写後に大幅な変更を余儀なくされた場合は、休日を返上して修正作業を行うことも珍しくありません。

ときにはプライベートよりも仕事を優先しなければいけないこともあるでしょう。

労働時間に関しては予定通りにならないことも多いので、ある程度は覚悟の上で業界に飛び込むことが大切です。

もちろん、クリエイティブな職種の人たちもずっと働きづめというわけではありません。

年末年始や盆休みなど、ゆっくり休みを取れることもあります。

ただし、担当している仕事によっては必ずしも暦通りに休めるわけではないので、注意が必要です。

映像制作会社社員の残業時間

どの業界でも納期が近付けば残業が多くなるのは必然ですが、この業界では特に深夜残業が珍しくないといわれています。

ディレクターや編集の場合、作業が順調に進まないときには徹夜をしてでも仕上げないといけないことがあるからです。

また、カメラマンの場合、ロケやスタジオでの収録が予定通りに進まないことも珍しくありません。

天候や出演者の都合で急きょ残業が発生することもあるので、スケジュールは流動的になると考えておいたほうがよいです。

映像制作会社社員は忙しい?激務?

映像制作会社によって忙しさは異なりますが、先述のようにクリエイティブな職種ほど勤務が不規則になりがちという特徴があります。

経理や広報などの事務職の場合は定時で働いて土日は休めることが多いのですが、映像制作に携わる場合はハードワークになることもあります。

ただし、フレックス制を取り入れている企業が多いので、上手に時間をやりくりしてプライベートと両立している人もいます。

最近ではテレワーク化も進んでいるので、自宅で働くことも可能でしょう。

労働環境の改善に期待ができます。

映像制作会社社員の休日の過ごし方

映像制作会社の仕事は、一つのプロジェクトが終わるたびに区切りがつくことが多いのが特徴です。

大きな案件が終わったあとに、長期でまとまった休みを取ることもあります。

このような長期休暇を利用して、海外旅行に行ったり趣味の音楽やスポーツを楽しんだりしてリフレッシュすることもあるようです。

また、普段なかなか見られない長編映画を観たり人気のコンサートや舞台を観に行ったりして感性を磨くこともできます。

しっかり働いてしっかり休むという働き方は、メリハリをつけて仕事をしたい人には向いているでしょう。